CLOSE UP コラム | 米国の貨物運送会社「UPS」のビッグデータ活用事例---物流ネットワーク最適化、配送ルート最適化、ビッグデータでビジネス課題を克服

米国の貨物運送会社「UPS」のビッグデータ活用事例---物流ネットワーク最適化、配送ルート最適化、ビッグデータでビジネス課題を克服

CLOSE UP 事例

2017年10月05日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

米国の貨物運送会社「UPS」のエンジニアリング責任者Juan Perez氏に、「スマートな配送ネットワークを支える効率改善のためのビッグデータ活用」について話を聞いている。

物流ネットワーク最適化サポートツール「Network Planning」

同社は、ビッグデータを効果的に利用して、自社の物流ネットワークの最適化を行うためのツール「Network Planning」について、2018年第1四半期導入を予定している。

このシステムは、「リアルタイムデータ」+「高度なアナリティクス」+「人工知能(AI)」を利用して、資産をスマートに利用できるように、従業員の意思決定支援を行う。

車両管理システム「ORION」

「ORION」は、テレメトリクスと高度なアルゴリズムを使用して、配送ドライバーに最適な経路を提供するシステムである。

このシステムに対して、「高レベルな経路最適化機能」と「配送ルートの動的最適化」の機能改善を予定している。

ビッグデータを活用してビジネス上の課題を克服

Perez氏は『IT部門がビッグデータを活用し、「顧客へのサービス改善」「投資利益率」「事業のほかの側面についての改善」など、どれだけ効果的に優れたビジネスケースを定義できるかが問題』と語った。

以上、下記URLからの要約
https://japan.zdnet.com/article/35108196/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

スイス郵便事業社による、ドローンを活用した血液サンプルの輸送サービス事例開始(2017年04月20日 10:00)

スイス郵便事業社・スイスポストと米カリフォルニアのドローン開発企業・Matternetが提携したドローンを活用した血液サンプルの輸送サービスが、新たなドローン事例として注目を集めている。本プロジェクトは、2015年春からドローン輸送の実証テストに取り組んでおり、2017年3月には、スイス国内でスイス連邦民間航空局から24時間ドローン飛行を可能にする認可を取得。2018年までには、定期運用を開...

関連タグ

データ・インテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド002

Analytics News ACESS RANKING

facebook

twitter