CLOSE UP コラム | 狩猟罠用IoTセンサタグ「スマートトラップ」---獲物がかかると通知、見回り頻度の軽減、ベテラン猟師の暗黙知を可視化

狩猟罠用IoTセンサタグ「スマートトラップ」---獲物がかかると通知、見回り頻度の軽減、ベテラン猟師の暗黙知を可視化

CLOSE UP 事例

2017年11月16日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

狩猟関連機器・サービスを開発するhuntechは、11月9日、狩猟罠用のIoTセンサタグ「スマートトラップ」の販売開始を発表した。

「スマートトラップ」とは

本体(親機)1機とタグ(子機)5機で構成され、本体を中心に最大半径100m以内であれば、タグを取り付けた罠を5つまで管理できる。

ワイヤーを使って足を縛り付ける仕組みの「くくり罠」に、加速度センサーを内蔵したタグを設置すると、罠にかかった際に暴れる動物の動きに反応して管理者に通知メールが送信される。

導入メリット① 見回り頻度の軽減

罠猟の場合、罠の設置後は毎日見回りをすることが望ましいとされているが、猟師にとっては負担が大きい。

「スマートトラップ」を導入すると、見回り頻度を毎日から週1回程度にまで削減でき、猟師の労力を7分の1程度に軽減できるという。

導入メリット② 良好な状態で流通

捕獲後すぐに通知され、良好な状態で回収できるため、食用肉として流通させることが可能。

導入メリット③ 捕獲効率向上

GPSセンサが搭載されているため、捕獲日時や気象情報などと併せて、捕獲場所の位置情報も含めたデータベースを自動作成できる。捕獲データを蓄積していくことにより、効率的な罠設置と捕獲につながる。

ベテラン猟師の暗黙知によるところの多かった野生鳥獣の行動特性などの可視化も可能となる。

以上、下記URLからの要約
https://japan.cnet.com/article/35110165/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

AWS IoT Core(AWS IoTコア)

  • IoT

AWS IoT Coreは、AWSが提供するマネージド型IoTクラウドサービス。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

クラウドDWH(データウェアハウス)、本当に内製化できるのか? クラウドデータウェアハウスで"データの民主化"を実現する方法【IT講談】

注目のDB技術「HTAP」とは? ~手軽に、かつ高速に、リアルタイム分析を実現する方法~

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

  • 書籍

facebook

twitter