CLOSE UP コラム | 人工知能の開発に適したプログラミング言語

人工知能の開発に適したプログラミング言語

CLOSE UP 事例

2017年02月20日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

人工知能の開発には、どのようなプログラミング言語が適しているのだろうか。

人工知能の処理では、統計学や数学を多用することになる。統計学や数学に精通しているのではない限り、開発途中で、ライブラリを活用する可能性がかなりの頻度で出てくるだろう。ライブラリが充実しているプログラミング言語としては、R言語 と Pythonがある。

人工知能開発のためのプログラミング言語-R言語

R言語は、オープンソースの、データ分析やデータ処理に特化したプログラミング言語である。システム開発を目的にした一般的なプログラムミング言語とは異なり、開発環境が付帯しており、統計解析処理やその結果もグラフィカルに表示できる。

R言語は、人工知能開発に限らず、教育機関や研究機関など本格的な統計分析を行う際によく用いられるメジャーなプログラミング言語であり、統計分析に特化しているため、統計分析用にロジックを書く必要がなく、その点で敷居が低い。

またオープンソースのため、誰でも無料で手に入れることができ、機能を追加するためのパッケージも充実しているのも大きな特長となる。CRAN(The Comprehensive R Archive Network)というレポジトリには、さまざまなパッケージが追加されており、人工知能開発を含めた最新の統計分析環境を容易に手に入れることができる。たとえば、Perl、Python、Rubyなど他のプログラミング言語で実装する前に、統計分析の基本モデルを作ったりする場合でよく使われる。

人工知能開発のためのプログラミング言語-Python(パイソン)

Python(パイソン)は、コードがシンプルで扱いやすく設計されており、C言語などに比べると少ないコード行数でプログラミングできるという特長がある。

また、汎用言語と呼ばれるさまざまなアプリケーションを作るのに適したプログラミング言語でもある。人工知能開発などで統計分析用に書いたプログラミングコードは、自作ライブラリとして製品に組み込むことも可能。またPythonは、ディープラーニングを含めた人工知能のライブラリが充実しているのも特長。

ふたつのプログラミング言語を比較すると、R言語 は本格的な統計分析を開発したい場合、もしくは統計分析をプログラミングで処理しなければならない場合、Python はWEBサービスなどのアプリに人工知能を利用したいという場合という使い分けが考えられる。

下記サイトからの要約。
http://www.amelt.net/imc/programming/mr/4455/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14148833434


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Qlik(クリック)

  • BI

Qlik(クリック)とは、データ分析プラットフォーム。ビジネスユーザーが連想技術によりセルフサービスでデータを探索できる。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

Tableau(タブロー)

  • BI

Tableau(タブロー)とは、使い勝手に優れたセルフBI型ビジュアル分析ツール。

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

外部委託なしでクラウドDWHを構築し、IoTデータ利活用を実現する方法【IT講談】

BIツールの目的は、単なるグラフ描画ではなく、インサイトや”気づき”を得ることではないのか? ~定型レポート業務からの脱却、BIではじめるデータ活用と文化づくり~

中小企業でも簡単に、ランサムウェア・BCP対策を行う方法 ~様々な目的のデータ保護を、SaaS型バックアップサービスで簡単に~

  • 書籍

facebook

twitter