CLOSE UP コラム | 日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」の育て方---「IBM Watson」を活用

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」の育て方---「IBM Watson」を活用

CLOSE UP 事例

2017年10月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」について、AIチャットボットを「育てる」方法について紹介。

チャットボット「マカナちゃん」とは

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」は、ハワイに関する質問に答えるチャットボット。

「IBM Watson」の「Conversation(会話機能)」を使用して開発した。

2段階の機能強化

第1弾では、ターゲットを「赤ちゃん連れでハワイ旅行を検討している顧客」に絞り、不安や疑問に答えるチャットボットとして、2016年12月から2カ月間提供した。

第2弾では、第1弾の取り組みの経験を生かし改良を行い、「ハワイ旅行を検討している顧客」全員に広げ、2017年7月から2018年3月までサービスを提供している。

チャットボット「マカナちゃん」の育て方

AIに想定質問や答えを学習させる開発チームは6人で、「お母さんチーム」と呼んでいる。

AIが混乱しないように、「いったんここまで覚えさせてから次のステージに進む」など、段階を踏んで慎重に教えていったという。

第3弾へ向けて

『第2弾は満足度が88%と高かったが、WatsonのAPI「Visual Recognition(画像認識)」を新たに活用し、より多くの質問者に満足してもらえるサービス品質を目指す』としている。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/102401178/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

データ・プレパレーションとは「分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能」を意味する。データ・プレパレーションを直訳すると「データの準備」であり、さまざまなデータソースから大量のデータを取得し、次のデータ分析ステップのための準備を行うことを指す。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

RapidMiner(ラピッドマイナー)

  • BA

RapidMiner(ラピッドマイナー)とは、「データマイニング」「機械学習」「予測分析」などを行える統合的データ分析プラットフォームであり、使いやすいGUIでデータ分析を行える点を特徴としている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

  • 書籍

facebook

twitter