CLOSE UP コラム | 日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」の育て方---「IBM Watson」を活用

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」の育て方---「IBM Watson」を活用

CLOSE UP 事例

2017年10月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」について、AIチャットボットを「育てる」方法について紹介。

チャットボット「マカナちゃん」とは

日本航空(JAL)が提供するチャットボット「マカナちゃん」は、ハワイに関する質問に答えるチャットボット。

「IBM Watson」の「Conversation(会話機能)」を使用して開発した。

2段階の機能強化

第1弾では、ターゲットを「赤ちゃん連れでハワイ旅行を検討している顧客」に絞り、不安や疑問に答えるチャットボットとして、2016年12月から2カ月間提供した。

第2弾では、第1弾の取り組みの経験を生かし改良を行い、「ハワイ旅行を検討している顧客」全員に広げ、2017年7月から2018年3月までサービスを提供している。

チャットボット「マカナちゃん」の育て方

AIに想定質問や答えを学習させる開発チームは6人で、「お母さんチーム」と呼んでいる。

AIが混乱しないように、「いったんここまで覚えさせてから次のステージに進む」など、段階を踏んで慎重に教えていったという。

第3弾へ向けて

『第2弾は満足度が88%と高かったが、WatsonのAPI「Visual Recognition(画像認識)」を新たに活用し、より多くの質問者に満足してもらえるサービス品質を目指す』としている。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/102401178/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

Cloud TPU(クラウドTPU)

  • AI

Cloud TPUは、TPUアクセラレータハードウェア上でTensorFlowを使用して機械学習ワークロードを実行できるGoogle Cloudのサービス。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter