CLOSE UP コラム | ひまわり生命保険、人工知能(AI)による営業支援を開始---話題順番なども提示、新入社員でもベテラン並の提案に

ひまわり生命保険、人工知能(AI)による営業支援を開始---話題順番なども提示、新入社員でもベテラン並の提案に

CLOSE UP 事例

2018年03月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、4月から、人工知能(AI)に営業支援を行わせる取り組みを開始する。4月に同社社長に就任する大場氏がインタビューで明らかにした。

AI営業支援

担当者が営業する際、会話の中で出てきたキーワードをパソコン/タブレットに入力すると、AIが判断して営業先の満足度が高まるような話題/データ/資料などを表示して営業支援を行う仕組み。

例えば、子供の話題になった際に「子供」などのキーワードを入力すると、AIが「教育費に関する情報/統計データ/各種資料」などを検索して端末の画面に表示し、「話題を投げかける順番」なども提示する。

AI学習

同社の売り上げ上位の優秀なベテラン営業担当者約50人の会話を記録し、1年以上前からAIにノウハウを学ばせてきた。

大場氏は「新入社員でもベテランと同じような提案が可能になる」と話している。

顧客の健康を後押しする保険

大場氏は、収入保障保険について、「たばこをやめる」など健康状態や生活習慣を改善させると保険料が最大3割安くなり、過去に支払った保険料との差額が祝い金として返金されるサービスを導入することも明らかにした。

今後も、顧客の健康を後押しする保険の開発を進めていく方針としている。

以上、下記URLからの要約
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180316/bse1803160500003-n1.htm


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

リアルタイムデータ処理()

  • 用語集

「リアルタイムデータ処理」とは、すべてのデータをストレージに格納して処理していた従来手法に代わり、ビッグデータをリアルタイムで処理するための手法。「ストリームデータ処理技術」「複合イベント処理技術」「インメモリデータ処理技術」などの技術を利用することで、データをリアルタイム分析できる処理基盤が普及してきている。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

  • 書籍

facebook

twitter