CLOSE UP コラム | ひまわり生命保険、人工知能(AI)による営業支援を開始---話題順番なども提示、新入社員でもベテラン並の提案に

ひまわり生命保険、人工知能(AI)による営業支援を開始---話題順番なども提示、新入社員でもベテラン並の提案に

CLOSE UP 事例

2018年03月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、4月から、人工知能(AI)に営業支援を行わせる取り組みを開始する。4月に同社社長に就任する大場氏がインタビューで明らかにした。

AI営業支援

担当者が営業する際、会話の中で出てきたキーワードをパソコン/タブレットに入力すると、AIが判断して営業先の満足度が高まるような話題/データ/資料などを表示して営業支援を行う仕組み。

例えば、子供の話題になった際に「子供」などのキーワードを入力すると、AIが「教育費に関する情報/統計データ/各種資料」などを検索して端末の画面に表示し、「話題を投げかける順番」なども提示する。

AI学習

同社の売り上げ上位の優秀なベテラン営業担当者約50人の会話を記録し、1年以上前からAIにノウハウを学ばせてきた。

大場氏は「新入社員でもベテランと同じような提案が可能になる」と話している。

顧客の健康を後押しする保険

大場氏は、収入保障保険について、「たばこをやめる」など健康状態や生活習慣を改善させると保険料が最大3割安くなり、過去に支払った保険料との差額が祝い金として返金されるサービスを導入することも明らかにした。

今後も、顧客の健康を後押しする保険の開発を進めていく方針としている。

以上、下記URLからの要約
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180316/bse1803160500003-n1.htm


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

facebook

twitter