CLOSE UP コラム | AIコンシェルジュ「Bebot」、「グランベルホテル」全店舗にてサービス開始---人工知能でのフロント業務自動化

AIコンシェルジュ「Bebot」、「グランベルホテル」全店舗にてサービス開始---人工知能でのフロント業務自動化

CLOSE UP 事例

2017年08月03日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

株式会社ビースポークは、2017年8月より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービス提供を、株式会社ベルーナのグループ会社である株式会社グランベルホテルが運営するグランベルホテル全店舗にて開始した。

AI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」とは

日本で初めて、訪日外国人向けコンシェルジュ業務を人工知能で対応可能にしたチャットボット。

フロントスタッフに代わり、365日いつでも、訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムでの多言語対応を可能としている。

利用施設の要望にあわせたカスタマイズに対応する。

人工知能でのフロント業務自動化により、ゲストの満足度やご利用施設の生産性の向上に貢献する。

「Bebot」既存事例

すでに他業種で導入され、サービス提供が開始されている。

・宿泊施設---「ホリデイ・イン大阪難波」や「なんばオリエンタルホテル」
・レンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」 など

「グランベルホテル」への導入

今回は、チェーン系デザイナーズホテル「グランベルホテル」の全店舗(赤坂、渋谷、新宿、京都)へ導入される。

まずは、英語と中国語のサービスから開始する。

以上、下記URLからの要約
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000015.000018663&g=prt


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

Pentaho(ペンタホ)

  • BI

Pentaho(ペンタホ)とは、データ統合分析基盤であり、BI/BAツール群の総称。多種多様なデータを統合し、さまざまな観点での分析を行える。

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

  • 書籍

facebook

twitter