CLOSE UP コラム | 富士フイルムやパナソニックなど、社会インフラAI点検サービスへ事業参入---橋梁などの画像を詳細にAI解析

富士フイルムやパナソニックなど、社会インフラAI点検サービスへ事業参入---橋梁などの画像を詳細にAI解析

CLOSE UP 事例

2018年04月05日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

富士フイルムやパナソニックなどが、社会インフラAI点検サービスの提供を新たに開始する。

社会インフラAI点検サービスとは

1960~70年代の高度経済成長期に整備された社会インフラは耐用年数が近づき、点検や補修ニーズが高まっている。熟練の検査員が巡回する目視点検では相当な時間を要するため効率化が求められていた。

社会インフラAI点検サービスとは、橋梁などの画像を詳細に解析して異常がないか点検するサービスで、社会インフラ安全確保への貢献が期待されている。

富士フイルムの場合

富士フイルムは、4月3日から、社会インフラ点検事業を開始し、主にゼネコンなどを対象とした法人向けサービスの提供を始める。

橋梁などのコンクリート表面をデジカメで撮影しサーバに送信する。AI解析によって幅0.1ミリ以上のひび割れを検知し、画像上に赤色で表示して補修などにつなげる。

AI画像解析は、同社が医療用画像診断システムで培った技術を応用している。

パナソニックの場合

パナソニックは、4月2日、「4K画像活用構造物点検サービス」の提供開始を発表した。

橋梁を解像度の高いカメラで撮影し、その静止画と動画を分析し、振幅やたわみなどから劣化や異常の有無を把握して顧客にレポートを提供する。

以上、下記URLからの要約
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180403/bsc1804030500002-n1.htm


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

Jedox(ジェドックス)

  • BI

Jedox(ジェドックス)とは、オープンソースのビジネスインテリジェンスソフトウェア。予算実績管理/計画/分析/レポートに特化しており、Excelベースで簡単に分かりやすくデータ操作を行える点を特徴としている。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

契約書、約款、規定等のWord文書の新旧対照表を簡単に作成する~提出、配布用の新旧対照表の作成だけでなく、契約書や社内規定の差分を簡単に抽出~

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

よくある失敗事例から学ぶ、データ分析の理想と現実 「私の会社でもデータ活用できるの?」という疑問に答える、自社に合ったデータ活用のはじめ方

  • 書籍

facebook

twitter