CLOSE UP コラム | 【AI】清水建設、高層ホテル建設現場に建設サポートロボットを導入---AIロボット6台で延べ250人分の作業、労働者8割弱の削減

【AI】清水建設、高層ホテル建設現場に建設サポートロボットを導入---AIロボット6台で延べ250人分の作業、労働者8割弱の削減

CLOSE UP 事例

2018年06月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

清水建設は、6月11日、高層ホテル建設現場にロボットを導入すると発表した。

建設サポートロボット6台を導入

清水建設は、大阪市淀川区で施工中の高層ホテル(地上24階、地下1階)建設現場に6台のロボットを導入する。

ロボットは「資材運搬」「鉄骨柱の溶接」「天井ボード貼り」の3種類の作業を行う。AIが作業工程を学習し、ロボット(AI)が自ら状況を判断しながら作業できる。

導入メリット試算

溶接ロボットは1日あたり3台で3本の柱の接着作業が可能。また、天井ボード貼りロボットは、これまで職人が片手で重さ約15キロのボードを支えながらもう片方の手でビスを打ち込んでいた作業を、2本のアームで指示通りに行う。

同社の試算では、今回の現場で「6台のロボットが延べ250人分の作業をこなす」「労働者8割弱の削減」が可能としている。

今後の展開

同社が建設現場にロボットを本格導入するのは今回が初めてで、職人などの人手不足を補うものとして今後全国の現場への拡大を目指していく。

夜間稼働できるロボットなども導入することで「建設現場の働き方改革や待遇改善につなげたい」としている。

以上、下記URLからの要約
https://www.sankei.com/west/news/180611/wst1806110056-n1.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】IBM、機械学習プラットフォーム「Watson Studio 2.0」リリース---43のデータコネクタ追加、主要Gitフレームワークのサポート追加(2019年05月16日 12:23)

IBMは、機械学習(データサイエンス)プラットフォーム「Watson Studio」を更新した。

「Watson Studio」とは

IBM Watson Studioは、AIモデル開発を支援する機械学習(データサイエンス)プラットフォーム。

「データサイエンティスト」「アプリケーション開発者」...

関連タグ

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド006

facebook

twitter