CLOSE UP コラム | 日販×富士通、書店向けAI自動選書サービス「SeleBoo」の提供開始へ---書店コンセプトや客層に合わせた自動選書

日販×富士通、書店向けAI自動選書サービス「SeleBoo」の提供開始へ---書店コンセプトや客層に合わせた自動選書

CLOSE UP 事例

2018年05月17日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日本出版販売(日販)と富士通は、5月14日、AIが自動で選書を行うサービス「SeleBoo(セレブー)」を共同開発し、2018年夏より全国の取引書店に向けて提供を開始すると発表した。

「SeleBoo」とは

「SeleBoo」は「Select Book」の略。

国内で流通する約60万点の書籍から、「書店売り場のコンセプト」や「書店の客層」に合わせた書籍リストをビッグデータ分析により導き出すAI選書サービス。

ビッグデータ分析

「日販が持つ約350万点の書誌情報」「全国約3000書店の販売実績情報」などに加え、「DBpedia」や「Lod4all」などのオープンデータを、富士通のAIを活用したビッグデータ分析サービス「マーケティングAIコンテナ」で分析し、書店や小売店向けにテーマ/客層に合った本を選定しリスト化する。

日販は、取引書店への書籍提案/店頭フェア/イベントなどにそのリストを活用する。

今後の展開

今後、両社は、同サービスを通じて出版業界における市場の活性化を図るとともに、他業界の商品やサービス(カフェや雑貨など)と書籍とのマッチングによる新たなビジネスモデルの確立も目指す。

以上、下記URLからの要約
https://news.mynavi.jp/article/20180514-630403/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイント5点(2019年07月11日 10:55)

企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイントについて紹介。 ポイント①:既存CRMデータの整理 企業に蓄積されている(数十年分に及ぶかもしれない)膨大なCRMデータを活用したい場合は、データ品質を向上させるための事前準備が必要となる。

関連タグ

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車を指す。レーダー(LIDAR)/GPS/カメラなどを用いて周囲の状況や環境を認識し自律的に走行する。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド005

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter