CLOSE UP コラム | 【セミナーレポート】VR/AR/MRの動向および活用事例紹介

【セミナーレポート】VR/AR/MRの動向および活用事例紹介

CLOSEUP コラム

2018年08月02日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2018年6月15日に、『オフショアで開発する「AR/VR」~Microsoft HoloLens を活用したMRデモと、不動産やホテル、レストランなどの「バーチャル訪問」を実現するAR/VR活用事例~』セミナーが開催されました。
https://osslabo.doorkeeper.jp/events/74892

本レポートでは、株式会社One Technology Japan様の講演の一部を抜粋して紹介します。

近年注目され、ビジネスでの利用も始まりつつある「AR/VR/MR」についての動向と活用事例についてレポートします。

VR/AR/MRの市場予測動向

市場予測

VR/AR/MRの市場予測動向として、さまざまな予測がなされていますが、その中から2つの予測が紹介されました。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントによると、「2025年におよそ11兆円の市場に」という予測を出しています。

また、IDCJapanによると、「2021年には22兆円の市場に」という予測も出ています。

これらの予測の通り、VR/AR/MR市場は大きく発展することが期待されています。

市場予測内訳

引き続き、2025年のVR/AR/MR市場予測の内訳について紹介がありました。

現状では、シミュレーション/エンターテイメント分野がほぼすべてを占めているとのことです。

2025年の予測では、シミュレーション/エンターテイメント分野が75%ほどを占めていますが、特筆すべき点として、産業分野が25%に伸びていることが挙げられます。

このことから、産業分野での実用化が大きく進んでいくことが予想されています。

AR/VR/MR用デバイス紹介

AR/VR用デバイスとして、現状では、一体型VRデバイス「oculus」などが発売されています。

MR用デバイスは、現状はまだ高価ですが、Microsoftの「HoloLens」などが発売されてきている状況とのことです。

VR/MRビジネスの現状

VRは実用化フェーズへ

現状のVRビジネスとしては、シミュレーション/エンターテイメント分野が多くを占めています。

One Technology Japan様では、「実際のラインの中で、音声認識や画像認識を含めて、サーバとつないで業務を効率化する」などの相談が増えてきており、「VRは実用化フェーズへ移行してきている」と述べられました。

AR/MRも実用化が進む

今後、VRに加えて、AR/MRビジネス関連でも実用化が進んでいくと予測されています。

実用化のパターンとして、仮想現実との複合として、「教育向けコンテンツ」「機械メンテナンス操作サポート」「自動車フロントガラスへのナビゲーション」などが挙げられています。

ONETECHASIAのVR/AR/MR開発実績紹介

One Technology Japan様で開発されたVR/AR/MR関連の開発実績が紹介されました。YouTubeで公開されているので、ご参照ください。

STEAM ESCAPE ROOM

Escape Room - Demo Game
https://www.youtube.com/watch?v=UuyW6MzUMy8

インテリアシミュレーション

AR Furniture World Demo (version 2)
https://www.youtube.com/watch?v=f3GINreSL0w

最後に

以上、「AR/VR/MR」についての動向と活用事例についてご紹介しました。

講演資料

講演資料は、以下のURLより無料で取得していただけます。

ぜひご参考いただければと思います。

https://majisemi.com/e/c/onetech-20180615


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

バックナンバー

関連記事

セミナー講演資料公開中

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

  • 書籍

facebook

twitter