CLOSE UP コラム | 「農業データ連携基盤(農業データプラットフォーム)」の構築へ---農業に縁のなかった企業による新しい事業アイデア創出も

「農業データ連携基盤(農業データプラットフォーム)」の構築へ---農業に縁のなかった企業による新しい事業アイデア創出も

CLOSEUP コラム

2017年08月17日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

農業にビッグデータを活用する試みについて、「アグリ・インフォサイエンス(AI:農業情報科学)」を提唱している慶應義塾大学の神成淳司准教授に話を聞いている。

テクノロジーと人間を考えるうえで大事なポイント

神成氏は、農業も、人の「気づき」や「ひらめき」の力が大事な「ヒューマンサービス」であるとしている。

人間であるからこそ、そこから何かに気づいて、「こうすればもっといい作物ができる」という新しい農法がひらめく可能性がある。

ITを使って自分のノウハウをデータ化して整理して生産性を向上させられる。人間とIT(機械学習)のどちらにもさまざまな可能性があるため、それを認識しながら進めることが大事であるとしている。

農業データ連携基盤(農業データプラットフォーム)

産官学の連携により「農業データ連携基盤」の立ち上げが進められている。

この基盤には、農業に関するさまざまなデータが流通する見込みになっている。
・環境データ(地図、気象、土壌、水温)
・収穫量データ
・公的機関が所有するデータ
・企業が所有するデータ など

「無償のオープンデータ」と「有償データ」も提供される見込み。

ビッグデータを農業へ

農家/企業はプラットフォームからデータを必要に応じて引き出して、自分たちの生産作業/商品開発/マーケティング活動に使えるようになる。

農業に縁のなかった企業がデータを元に新しい事業アイデアを創出することにより、農業活性化についても期待できる。

活動予定

2017年8月中には、この農業データプラットフォームの協議会を発足させ、本格的な活動に向けての体制を整える。

2018年春ごろまでには、持続的な活動のためにプラットフォームの運営組織を立ち上げる予定。

以上、下記URLからの要約
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/030900037/080400010/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

バックナンバー

関連記事

セミナー講演資料公開中

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

ベトナムでのAI(人工知能)開発って、ぶっちゃけどうなの?

全社プラットフォームとしてのAI自動翻訳「T-4OO」導入で、社内の翻訳業務をまとめて効率化する (技術文書、特許文書の和訳、契約書の英訳などを自動化し、年間1.3億円のコストを削減する方法)

  • KSKサイド003

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter