CLOSE UP コラム | AIで変わる「営業」---営業のプロとして残るためのスキル、営業の本質とは?

AIで変わる「営業」---営業のプロとして残るためのスキル、営業の本質とは?

CLOSEUP コラム

2017年07月24日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

AIの普及によって大きく変わろうとしている営業の仕事について、「営業のプロとして生き残っていくために必要なスキル」「営業の本質とは何か?」について解説している。

AI導入の第一段階では営業部の底上げ効果を期待できる

AIは営業部のセールスパーソンたちの活動を学習し、「どのような行動を行えばさらに成績を上げられるのか」について、セールスパーソンにアドバイスするようになる。

営業部の底上げにつながるため、導入メリットがある。

少数のセールスパーソンのみで営業部が回るようになる

AIによる事務作業代替により、「能力が高い少数のセールスパーソン」+「AI(サポートアシスタント)」のみで、営業部を回せるようになる。

「新規開拓ができるセールスパーソン」への道

余剰となったセールスパーソンは、新規開拓に回される可能性が高いと考えられる。

「市場開拓(異なる市場に同一商材を販売)」「商品開拓(同一顧客層に異なる商品を販売)」「新規顧客開拓(新規の顧客層に新規商材を販売)」などにマンパワーが必要とされる。

新規開拓を行えるセールスパーソンならば、引き続き、組織から必要とされる人材でありつづけることが可能であると考えられる。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/10/news015.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Jedox(ジェドックス)

  • BI

Jedox(ジェドックス)とは、オープンソースのビジネスインテリジェンスソフトウェア。予算実績管理/計画/分析/レポートに特化しており、Excelベースで簡単に分かりやすくデータ操作を行える点を特徴としている。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

注目のDB技術「HTAP」とは? ~手軽に、かつ高速に、リアルタイム分析を実現する方法~

データ活用におけるクレンジングの課題 〜「データ連携ツールを使っても非エンジニアには負担」の解決策〜

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter