CLOSE UP コラム | 【AI】成田国際空港、「AI自動装着機能付き旅客搭乗橋」を試験導入へ---AI画像認識で飛行機ドア位置を確認

【AI】成田国際空港、「AI自動装着機能付き旅客搭乗橋」を試験導入へ---AI画像認識で飛行機ドア位置を確認

CLOSE UP 事例

2018年07月06日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

成田国際空港(NAA)は、7月5日、AIや画像認識技術を用いた自動装着機能を持つ「旅客搭乗橋」を2018年度末を目処に試験導入することを発表した。

自動装着機能付き旅客搭乗橋

マニュアル操作で行っている搭乗橋のターミナルビルから飛行機への接続について、AI自動装着機能により自動化を図る。

AI自動装着機能を導入し、画像認識技術を用いて飛行機のドアを認識する。「駐機位置のずれ」や「悪天候などによる環境変化」に対しても、蓄積された画像データをもとにAIがドア位置を特定し正確な接続が可能になる。

技術的には完全自動装着も可能とのことだが、安全性を担保するために飛行機の10cm手前で停止し、最後の接続はマニュアル操作で行なう。

導入の目的

この技術の導入により、個々人の技量による装着の品質の差異をなくし、やり直し/ヒューマンエラーなどを防げるようになることで、利用者のスムーズな降機につながるとしている。

導入予定

この自動装着機能付き搭乗橋は、2019年3月を目処に、第2ターミナル64番スポットに導入を予定している。

試験導入で有用性が確認されれば、ほかの搭乗橋への導入に向けての検討を進めるとしている。

以上、下記URLからの要約
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1131435.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

人工知能「ワトソン」の銀行など金融業界への導入事例(2017年02月27日 10:00)

金融業界において、人工知能の導入がより広がっている。米IBMが開発した人工知能「ワトソン」を導入して顧客満足度を上げる保険会社、業務効率化を目指す銀行などの各社の導入事例を紹介している。

関連タグ

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車を指す。レーダー(LIDAR)/GPS/カメラなどを用いて周囲の状況や環境を認識し自律的に走行する。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

スマートシティ(Smart City)

  • 用語集

スマートシティとは、「ICTやIoTなどの先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラサービスを効率的に管理/運営し、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市」を指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド007

facebook

twitter