CLOSE UP コラム | 【AI】成田国際空港、「AI自動装着機能付き旅客搭乗橋」を試験導入へ---AI画像認識で飛行機ドア位置を確認

【AI】成田国際空港、「AI自動装着機能付き旅客搭乗橋」を試験導入へ---AI画像認識で飛行機ドア位置を確認

CLOSE UP 事例

2018年07月06日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

成田国際空港(NAA)は、7月5日、AIや画像認識技術を用いた自動装着機能を持つ「旅客搭乗橋」を2018年度末を目処に試験導入することを発表した。

自動装着機能付き旅客搭乗橋

マニュアル操作で行っている搭乗橋のターミナルビルから飛行機への接続について、AI自動装着機能により自動化を図る。

AI自動装着機能を導入し、画像認識技術を用いて飛行機のドアを認識する。「駐機位置のずれ」や「悪天候などによる環境変化」に対しても、蓄積された画像データをもとにAIがドア位置を特定し正確な接続が可能になる。

技術的には完全自動装着も可能とのことだが、安全性を担保するために飛行機の10cm手前で停止し、最後の接続はマニュアル操作で行なう。

導入の目的

この技術の導入により、個々人の技量による装着の品質の差異をなくし、やり直し/ヒューマンエラーなどを防げるようになることで、利用者のスムーズな降機につながるとしている。

導入予定

この自動装着機能付き搭乗橋は、2019年3月を目処に、第2ターミナル64番スポットに導入を予定している。

試験導入で有用性が確認されれば、ほかの搭乗橋への導入に向けての検討を進めるとしている。

以上、下記URLからの要約
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1131435.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

人工知能「ワトソン」の銀行など金融業界への導入事例(2017年02月27日 10:00)

金融業界において、人工知能の導入がより広がっている。米IBMが開発した人工知能「ワトソン」を導入して顧客満足度を上げる保険会社、業務効率化を目指す銀行などの各社の導入事例を紹介している。

関連タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

facebook

twitter