CLOSE UP コラム | テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(前編)

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(前編)

CLOSE UP 事例

2016年02月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

クレーム対応時間を短縮するために、ビッグデータ活用

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、大手オフィス用品メーカーF社様のビッグデータ活用事例をご紹介します。

F社様の顧客サポート部門(お客様窓口)では、電話や手紙、メールなど複数経路から届くエンドユーザーの声をデータベース化して分析していましたが、対応に長時間を費やしており、顧客満足を図ることができない状態でした。

それまでは、エンドユーザーの声を受けた担当者が管理フォームに入力することでワークフローに流していたのですが、クレーム内容によって対応する部門が異なるにもかかわらず、担当部署へのワークフローが機能していなかったのです。

たとえば「箱が潰れていた」というクレームは出荷時の問題であり、「製品が機能しない」という声は、技術的な問題となります。当時のシステムでは生産ライン、技術ラインなど個々の担当部署へ自動的に分岐しないため、管理フォームの処理に長時間費やしていました。

クレーム対応時間を短縮させたいという依頼を受けたKSKでは、クロス集計やクラスター分析と組み合わせたテキストマイニングを実施し、「入力したテキストで自動的に振り分ける」システムを構築しました。

問い合わせ内容から、クレームをルール化

KSKでは、まず、問い合わせ内容を担当部署ごとに振り分けるための分類ルールを作成しました。F社様と打ち合わせを重ねながら、問い合わせ内容に含まれるキーワードを拾いあげていくのです。

抽出されたキーワードだけではなく、あわせて、それに紐づく単語を拾いだし、どの担当部署へ回す案件なのかをルール化します。ルール化にあたっては、主語(名詞)と動詞(形容詞)をチェックしながら、「何が」「どうした」というセンテンスの状態で推敲を重ねながら、徐々に精度を上げていきます。

ルールを改善し精度がある程度の基準になった段階で、それぞれキーワードが自動的に振り分けられるシステムに導入します。

これによってエンドユーザーの声を「要望」と「苦情」に分類し、さらに、その内容を「出荷」、「技術」、「営業」などの担当部署ごとに分岐させることができるようになりました。


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」---問い合わせをすることなく関連情報を自動的に提示(2018年12月13日 11:11)

エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」は、2500万ドルを調達したことを発表した。

「Guru」とは

Guruとは、AIを利用して「集団知識の統一」「集団知識の正確性検証」「マーケティングサポート」「セールスサポート」などを行う情報共有プラットフォーム。

使い込むほどより精...

関連タグ

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド003

facebook

twitter