CLOSE UP コラム | テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(前編)

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(前編)

CLOSE UP 事例

2016年02月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

クレーム対応時間を短縮するために、ビッグデータ活用

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、大手オフィス用品メーカーF社様のビッグデータ活用事例をご紹介します。

F社様の顧客サポート部門(お客様窓口)では、電話や手紙、メールなど複数経路から届くエンドユーザーの声をデータベース化して分析していましたが、対応に長時間を費やしており、顧客満足を図ることができない状態でした。

それまでは、エンドユーザーの声を受けた担当者が管理フォームに入力することでワークフローに流していたのですが、クレーム内容によって対応する部門が異なるにもかかわらず、担当部署へのワークフローが機能していなかったのです。

たとえば「箱が潰れていた」というクレームは出荷時の問題であり、「製品が機能しない」という声は、技術的な問題となります。当時のシステムでは生産ライン、技術ラインなど個々の担当部署へ自動的に分岐しないため、管理フォームの処理に長時間費やしていました。

クレーム対応時間を短縮させたいという依頼を受けたKSKでは、クロス集計やクラスター分析と組み合わせたテキストマイニングを実施し、「入力したテキストで自動的に振り分ける」システムを構築しました。

問い合わせ内容から、クレームをルール化

KSKでは、まず、問い合わせ内容を担当部署ごとに振り分けるための分類ルールを作成しました。F社様と打ち合わせを重ねながら、問い合わせ内容に含まれるキーワードを拾いあげていくのです。

抽出されたキーワードだけではなく、あわせて、それに紐づく単語を拾いだし、どの担当部署へ回す案件なのかをルール化します。ルール化にあたっては、主語(名詞)と動詞(形容詞)をチェックしながら、「何が」「どうした」というセンテンスの状態で推敲を重ねながら、徐々に精度を上げていきます。

ルールを改善し精度がある程度の基準になった段階で、それぞれキーワードが自動的に振り分けられるシステムに導入します。

これによってエンドユーザーの声を「要望」と「苦情」に分類し、さらに、その内容を「出荷」、「技術」、「営業」などの担当部署ごとに分岐させることができるようになりました。


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料公開】5/20 SIer/SaaS新規事業責任者向け、マーケティング&セールスの基礎理解 ~リード獲得から契約までに必要なアクションの可視化と有効な施策について(2021年06月19日 09:15)

2021年5月20日「SIer/SaaS新規事業責任者向け、マーケティング&セールスの基礎理解 ~リード獲得から契約までに必要なアクションの可視化と有効な施策について」と題したセミナーを開催しました。 本セミナーでは、新規事業の責任者向けに、カスタマージャニーに沿ってマーケティングと営業活動を分化・専門化し、役割ごとの責任を果たすことで成果の最大化を狙う仕組みについて解説しました。資料を公開...

関連タグ

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

データマイニング(Data Mining)とは、収集した大量のデータセット(ビッグデータ)に対して、各種データ解析技法(統計学/パターン認識技術/AI技術など)を駆使することにより、そこに潜む「相関関係」「規則性」「傾向」などの「価値のある有用な知見」を見つけ出すための手法を意味する。

営業()

  • タグ

判別分析法()

  • 用語集

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

オンプレミスで稼働中のパッケージアプリケーションをAWSなどのクラウド上で提供するためのポイント~クラウドのスキル・運用・セキュリティの対応はどうすれば良いのか?~

倉庫業務の効率化、人的ミスの削減や作業品質の向上をどう実現するか? ~IoTを活用した倉庫・物流施設のDX事例~

【サービス提供事業者向け】機能性AI-OCR技術で非定型でも手書でも高精度でデータ化する

  • 書籍

facebook

twitter