CLOSE UP コラム | 福岡市消防局が発信した「消防情報メール」ビッグデータ分析---発生状況の可視化、防災行政や街づくりへの活用へ

福岡市消防局が発信した「消防情報メール」ビッグデータ分析---発生状況の可視化、防災行政や街づくりへの活用へ

CLOSE UP 事例

2017年11月02日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

西日本新聞とカホエンタープライズは、福岡市消防局が発信した「消防情報メール」の分析を行った。

消防情報メール分析

福岡市消防局は、メールアドレスを登録した住民に対して、「建物火災/救助などの出動内容」「時刻」「目標地点住所」などの情報を配信している。

2014年11月~2017年6月の期間で、福岡市消防局が発信した「消防情報メール」の約1万4300件について、ビッグデータ分析ツールを利用して分析を行った。

分析結果

地図に落とし込むと、出動や発生の多い地点ほど円が大きく表示される。

「救助」では、東区の奈多漁港が5件と多く、「死亡事故や事故になるケースがある」とし、市は今年夏に立ち入り禁止のフェンスを拡張した。

「建物火災」では、中央区天神付近が多いことが分かる。市消防局は「大火に至った例はないが、飲食店が多い商業施設や街区で、活動人口も多いことが要因ではないか」とみる。

防災行政や街づくりへの活用

消防庁は、出動記録に気象状況も含めて複合的に分析し、住民の出動依頼を予測する研究を始めている。

国立情報学研究所の北本朝展准教授(情報学)は、「データの可視化や検証は運用効率化につながる。複数都市で比較すれば、台風や大雪など自然災害に対する脆弱性を分析し、街づくりに生かせる可能性もある」としている。

今後の防災行政や街づくりへの活用が期待される。

以上、下記URLからの要約
https://www.nishinippon.co.jp/feature/attention/article/369987/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

Tableau(タブロー)

  • BI

Tableau(タブロー)とは、使い勝手に優れたセルフBI型ビジュアル分析ツール。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

データ活用におけるクレンジングの課題 〜「データ連携ツールを使っても非エンジニアには負担」の解決策〜

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

注目のDB技術「HTAP」とは? ~手軽に、かつ高速に、リアルタイム分析を実現する方法~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter