CLOSE UP コラム | NTTドコモ×Empath、「音声による感情認識技術」を共同開発---高速道路の騒音にも対応、居眠り運転防止へ

NTTドコモ×Empath、「音声による感情認識技術」を共同開発---高速道路の騒音にも対応、居眠り運転防止へ

CLOSE UP 事例

2018年05月13日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

NTTドコモとEmpathは、5月8日、「雑音環境でも音声で感情認識できる技術」を共同開発したと発表した。両社は「ドライバーの声から感情を認識する実験」に共同で取り組んでおり、居眠り運転の防止などに役立てる狙いがある。

感情認識

この技術は「ドライバーの音声を検知し感情を認識できる」というもの。

ドライバーの声から声の高さや音色などの音響的特徴を分析する。事前に機械学習で生成しておいた感情認識モデルを使用して「怒り」「喜び」「悲しみ」のどの感情に当てはまるかを推定する。

実証実験

ドライバーの感情を認識したAIが発話する実証実験を実施した。

ドライバーの眠気やだるさなどの倦怠感を表す指標値が50%減少し、被験者の93%が「AIが自分の気持ちに寄り添ってくれている」と感じたという。

騒音対策

認識モデルには、走行時の自動車のエンジン音などの特徴も取り入れており、雑音の大きい高速道路走行時の条件でも、感情の平均正答率は75%に達した。

今後の展開

2018年中にドコモが提供する自動車向けの音声エージェントサービスへの導入を目指すとしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/08/news113.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

  • 書籍

facebook

twitter