CLOSE UP コラム | ヤマト運輸のIoT活用、全集配車両に車載端末を導入へ---運行データ分析により未然防止型の安全運転教育を目指す

ヤマト運輸のIoT活用、全集配車両に車載端末を導入へ---運行データ分析により未然防止型の安全運転教育を目指す

CLOSE UP 事例

2017年11月02日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

ヤマト運輸株式会社は、2018年11月より、全集配車両約36,000台に、通信機能を備える車載端末を順次搭載すると発表した。

通信機能を備える車載端末

今回新たに搭載される車載端末は、「速度」「駐車位置情報」「ドライブレコーダーによる走行映像」「GPSを利用した走行軌跡」などの運行データを、通信回線を通じて自動的にクラウドへ転送し蓄積する。

また、「ヒヤリハット体験箇所登録の自動化」「運転の開始/終了設定の省力化」「無線による車載端末のソフトウェア更新の自動化」などにより、セールスドライバーがより安全運転に注力できるように業務支援を行う。

運行データの収集と分析

ヤマト運輸は、日立製作所と連携し、運行データを幅広く効率的に収集/分析することにより、安全運転教育のさらなる高度化などに向けて取り組みを進めることも併せて発表した。

日立は、IoTプラットフォームを活用するデータアナリティクスに関するノウハウや、人工知能技術などを組み合わせ、企業のデータ利活用に向けた取り組みを支援している。

未然防止型の安全運転教育へ

ヤマト運輸は、日立と連携し、一元管理される運行データを可視化/分析することにより、一人ひとりの運転特性に応じた未然防止型の安全運転教育を実現するなど、安全・安心への取り組みをさらに強化していく意向。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/74079


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」などの概念である。

goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)

  • AI

「goo AI xDesign」は、NTTレゾナントが提供するチャットボットAIサービスセミオーダーソリューション。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

リアルタイムデータ処理()

  • 用語集

「リアルタイムデータ処理」とは、すべてのデータをストレージに格納して処理していた従来手法に代わり、ビッグデータをリアルタイムで処理するための手法。「ストリームデータ処理技術」「複合イベント処理技術」「インメモリデータ処理技術」などの技術を利用することで、データをリアルタイム分析できる処理基盤が普及してきている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

クラウドDWH(データウェアハウス)、本当に内製化できるのか? クラウドデータウェアハウスで"データの民主化"を実現する方法【IT講談】

中小企業でも簡単に、ランサムウェア・BCP対策を行う方法 ~様々な目的のデータ保護を、SaaS型バックアップサービスで簡単に~

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

  • 書籍

facebook

twitter