CLOSE UP コラム | IoTを活用し拡張性を持った屋外LED照明システム---導入費用削減、消費電力削減、防犯/鳥獣被害対策、温湿度センサー

IoTを活用し拡張性を持った屋外LED照明システム---導入費用削減、消費電力削減、防犯/鳥獣被害対策、温湿度センサー

CLOSE UP 事例

2018年01月04日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

MTES株式会社と株式会社スリーエスは、「IoTを活用したLED照明システム」を共同で開発し販売するために業務提携を行った。

ゴルフ場照明のLED化問題

ゴルフ場などの屋外スポーツ施設の照明は、一般的に「水銀灯」や「メタルハライドランプ」が使用されていたが、水銀規制対応や消費電力削減のために、LED照明を導入したいという施設が増えている。

しかし、ゴルフ場18ホールすべてをLED照明に切り替えるとなると約3億円という高額な導入費用がかかるとされている。

拡張性を持ったLED照明設備

スリーエスが展開する屋外スポーツ施設向けLED照明に、MTESの自動調光IoTシステムを装備する。

「消費電力削減」「防犯/鳥獣被害対策としての監視カメラ機能」「温湿度センサー機能」などを付加し、拡張性を持ったLED照明設備として提供する。

IoTLED照明の削減効果

両社は、同システムを採用することで18ホールでの導入費用を1~1.5億円程度に抑えることができるとしている。

また、LED照明化することで節電したよりも更に3割程度の節電が可能だとしている。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/81254


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter