CLOSE UP コラム | IoTを活用し拡張性を持った屋外LED照明システム---導入費用削減、消費電力削減、防犯/鳥獣被害対策、温湿度センサー

IoTを活用し拡張性を持った屋外LED照明システム---導入費用削減、消費電力削減、防犯/鳥獣被害対策、温湿度センサー

CLOSE UP 事例

2018年01月04日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

MTES株式会社と株式会社スリーエスは、「IoTを活用したLED照明システム」を共同で開発し販売するために業務提携を行った。

ゴルフ場照明のLED化問題

ゴルフ場などの屋外スポーツ施設の照明は、一般的に「水銀灯」や「メタルハライドランプ」が使用されていたが、水銀規制対応や消費電力削減のために、LED照明を導入したいという施設が増えている。

しかし、ゴルフ場18ホールすべてをLED照明に切り替えるとなると約3億円という高額な導入費用がかかるとされている。

拡張性を持ったLED照明設備

スリーエスが展開する屋外スポーツ施設向けLED照明に、MTESの自動調光IoTシステムを装備する。

「消費電力削減」「防犯/鳥獣被害対策としての監視カメラ機能」「温湿度センサー機能」などを付加し、拡張性を持ったLED照明設備として提供する。

IoTLED照明の削減効果

両社は、同システムを採用することで18ホールでの導入費用を1~1.5億円程度に抑えることができるとしている。

また、LED照明化することで節電したよりも更に3割程度の節電が可能だとしている。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/81254


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】「衛星経由IoT」は成長の大きなチャンス---Amazonは3000機以上の衛星を打ち上げを計画(2019年07月16日 10:45)

ABI Researchのレポート「IoTの衛星:IoT投資の新しい波のための新しい衛星ネットワーク」によると、「2024年までに衛星経由で2400万のIoT接続が確立されシームレスなグローバル接続が実現する」と予測している。 衛星経由IoTは成長の大きなチャンス ABI Researchのリサーチアナリストで...

関連タグ

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド002

facebook

twitter