CLOSE UP コラム | 【IoT】NTTドコモ+他、IoTスマートホームの第2回実証実験を開始---被験者が1週間居住、チャットボットによる食事/美容アドバイス

【IoT】NTTドコモ+他、IoTスマートホームの第2回実証実験を開始---被験者が1週間居住、チャットボットによる食事/美容アドバイス

CLOSE UP 事例

2018年06月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

NTTドコモは、6月11日、横浜市内で「IoTスマートホームを用いた第2回生活モニタリング実証実験」を開始すると発表した。

実証実験概要

実証実験は、IoTなどを活用したビジネス創出に向けた交流・連携プロジェクト「I・TOP横浜」内で行われている「未来の家プロジェクト」の取り組みの1つ。

横浜市、富士通コネクテッドテクノロジーズ、凸版印刷、資生堂、三和シヤッター工業などと共同で実施する。期間は2018年6月12日~9月24日を予定している。

評価項目

今回の実験では、ドコモのIoTスマートホームに被験者が1週間居住し、「食事/運動/睡眠などの生活データの変化」「健康に対する意識変化や行動変容」について評価を行う。

「ドア開閉記録」「人感センサー値」などを解析し、個人の生活パターンを定量的に評価することで、居住者に合わせた健康で快適な居住空間の実現を目指す。

3段階の検証

フェーズ1では「前回の実証実験の機能再検証」や「位置検出床による動線センシング機能」に関する検証を行う。

フェーズ2では「IoT機器連携機能」「IoTシャッター制御機能」「チャットボットを介した対話/機器制御」「食事/美容に関するセンシング」を追加する。

フェーズ3では「室内外環境の詳細センシング」「チャットボットを介した食事/美容などに関するアドバイス」を追加する予定。

以上、下記URLからの要約
https://news.mynavi.jp/article/20180611-644807/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

音声認識(Speech Recognition)

  • 用語集

「音声認識(Speech Recognition)」とは、人の音声(会話)をコンピュータに認識させることで、「話し言葉をテキストデータに変換」あるいは「音声の特徴を捉えて声を出している人を識別」などを行う機能を指す。音声認識技術は、生活の一部として一般的に普及してきている。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

  • 書籍

facebook

twitter