CLOSE UP コラム | レオパレス21、「LPWAによるスマートロック制御」のフィールド検証を開始---独自セキュリティ機構も検証

レオパレス21、「LPWAによるスマートロック制御」のフィールド検証を開始---独自セキュリティ機構も検証

CLOSE UP 事例

2018年03月15日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

株式会社レオパレス21と5社は、レオパレス21が首都圏地域に展開している自社賃貸物件を対象として、「LPWAによるスマートロック制御」についてフィールド検証する取り組みを開始する。

フィールド検証概要

LPWA無線通信技術「LoRa」によるスマートロック制御とIoT向け広域通信技術のフィールド検証を行う。

活用技術

・LPWA双方向通信技術を融合させたIoT向け広域対応メッシュネットワークプラットフォーム
・LoRa+WiFiを組み合わせたGW基地局
・国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の研究成果である「NerveNet」をベースとした独自セキュリティ機構 など

テストベッド構築

首都圏物件の合計8棟を検証対象としてテストベッドを共同で整備する。

全国展開を視野

フィールド検証では全国展開を視野に入れ、環境条件に応じた導入パターンの検討/検証なども行っていく予定。

各社はこれにより、スマートロックをはじめとしたIoT機器のみならず、賃貸物件を中心にIoTを活用する各種サービスなどへの応用可能性を模索し、展開を図っていくとしている。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/88525


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

facebook

twitter