CLOSE UP コラム | 【AI】NTT東日本×アースアイズ、「AI万引きGメン」サービスの提供開始へ---店内顧客の不審行動を検知、被害額は4割減

【AI】NTT東日本×アースアイズ、「AI万引きGメン」サービスの提供開始へ---店内顧客の不審行動を検知、被害額は4割減

CLOSE UP 事例

2018年05月31日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

NTT東日本とアースアイズは、6月下旬から、「AIガードマン」サービスの提供を開始する。

「AIガードマン」とは

小売り店舗にAIを搭載したカメラを設置し、来店者の不審行動を検知して万引きを防止するサービス。

不審行動の検知

アースアイズが開発したカメラは、来店者の頭や骨格の動きを捉え、万引きが疑われる行動かについて判断している。

不審な行動は、店舗の形態ごとに異なる。「スーパーマーケットでは、店内を回遊しながらきょろきょろと死角を探す」「書店では棚の前に立ち止まって周囲を確認する」などのように特徴的な動作をチェックする。

不審行動データは、ユーザーが利用するクラウドとは別に、アースアイズのクラウド上でも収集する。データを学習し、新しい手口や顧客層の変化に対応する。

不審行動の通知

店内カメラが来店者の不審行動を自律的に検知すると、クラウド経由で、店員のスマートフォンに位置や静止画などの情報を通知する。

通知を受けた店員が不審者に「何かお探しですか?」などと声掛けし万引きを防ぐ。

可視化レポート

「カメラの検知数」「店員が声掛けした割合」などを定期的にレポートするサービスも用意する。

先行導入実績

先行導入した店舗では、導入前と比べて万引き被害額が約4割減ったという。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/28/news085.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

  • 書籍

facebook

twitter