CLOSE UP コラム | 【AI】NTT東日本×アースアイズ、「AI万引きGメン」サービスの提供開始へ---店内顧客の不審行動を検知、被害額は4割減

【AI】NTT東日本×アースアイズ、「AI万引きGメン」サービスの提供開始へ---店内顧客の不審行動を検知、被害額は4割減

CLOSE UP 事例

2018年05月31日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

NTT東日本とアースアイズは、6月下旬から、「AIガードマン」サービスの提供を開始する。

「AIガードマン」とは

小売り店舗にAIを搭載したカメラを設置し、来店者の不審行動を検知して万引きを防止するサービス。

不審行動の検知

アースアイズが開発したカメラは、来店者の頭や骨格の動きを捉え、万引きが疑われる行動かについて判断している。

不審な行動は、店舗の形態ごとに異なる。「スーパーマーケットでは、店内を回遊しながらきょろきょろと死角を探す」「書店では棚の前に立ち止まって周囲を確認する」などのように特徴的な動作をチェックする。

不審行動データは、ユーザーが利用するクラウドとは別に、アースアイズのクラウド上でも収集する。データを学習し、新しい手口や顧客層の変化に対応する。

不審行動の通知

店内カメラが来店者の不審行動を自律的に検知すると、クラウド経由で、店員のスマートフォンに位置や静止画などの情報を通知する。

通知を受けた店員が不審者に「何かお探しですか?」などと声掛けし万引きを防ぐ。

可視化レポート

「カメラの検知数」「店員が声掛けした割合」などを定期的にレポートするサービスも用意する。

先行導入実績

先行導入した店舗では、導入前と比べて万引き被害額が約4割減ったという。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/28/news085.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

人工知能「ワトソン」の銀行など金融業界への導入事例(2017年02月27日 10:00)

金融業界において、人工知能の導入がより広がっている。米IBMが開発した人工知能「ワトソン」を導入して顧客満足度を上げる保険会社、業務効率化を目指す銀行などの各社の導入事例を紹介している。

関連タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド003

facebook

twitter