CLOSE UP コラム | 国土地理院、ビッグデータ活用による地形図(登山道)修正を開始---移動経路ビッグデータの募集を開始

国土地理院、ビッグデータ活用による地形図(登山道)修正を開始---移動経路ビッグデータの募集を開始

CLOSE UP 事例

2017年10月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

国土地理院の地形図は、これまで人力による測量で修正されてきたが、「登山道」修正に不特定多数の人による移動経路のビッグデータも活用されることになった。

移動経路ビッグデータ募集開始

国土地理院は、2017年10月19日から、企業や団体を対象として、保有している「電子化された登山者の移動経路ビッグデータ」の募集を開始した。

ビッグデータ活用の目的

これまでは測量専門員が、GPS機器を使って実際に現地を歩き、その結果をもとに地形図を修正していた。しかしこの方法では、多くの時間と労力を要することが課題となっていた。

スマートフォンなどの機器も普及し、GPS精度向上などの環境が整ってきたことにより、「計測の効率化/迅速化」を目的として、ビッグデータ活用による地形図修正に至った。

ビッグデータ活用による地形図修正

国土地理院は、導入にあたり、多くのデータを取得すれば精度のうえでも問題がないことを検証している。

当初は「2万5000分の1地形図」が対象となる。その後、他の縮尺の地形図にも修正が反映されていく見込みとしている。

期待されるメリット

「地形図修正作業の迅速化」の他に、「GPSのない時代に計測された地図精度の向上」や「崩落などで付け替えられている登山道を適切に修正」などの効果が期待されている。

以上、下記URLからの要約
https://trafficnews.jp/post/78846/1


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

Amazon RDS や AURORA、Azure SQL Database など、主要 DBaaS ベンダー 13 社の評価レポートを公開(2017年10月31日 12:05)

サービスとしてのデータベース (DBaaS) は、企業情報システムにとってますます重要性を増しています。米 Forrester が調査した、Amazon RDS や AURORA、Azure SQL Database など、最有力 DBaaS ベンダー 13 社の評価レポートを公開しました。ぜひご参考ください。

関連タグ

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

Qlik(クリック)

  • BI

Qlik(クリック)とは、データ分析プラットフォーム。ビジネスユーザーが連想技術によりセルフサービスでデータを探索できる。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、より高度な社会を実現するためのサービスおよびシステム。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド002

facebook

twitter