CLOSE UP コラム | 国土地理院、ビッグデータ活用による地形図(登山道)修正を開始---移動経路ビッグデータの募集を開始

国土地理院、ビッグデータ活用による地形図(登山道)修正を開始---移動経路ビッグデータの募集を開始

CLOSE UP 事例

2017年10月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

国土地理院の地形図は、これまで人力による測量で修正されてきたが、「登山道」修正に不特定多数の人による移動経路のビッグデータも活用されることになった。

移動経路ビッグデータ募集開始

国土地理院は、2017年10月19日から、企業や団体を対象として、保有している「電子化された登山者の移動経路ビッグデータ」の募集を開始した。

ビッグデータ活用の目的

これまでは測量専門員が、GPS機器を使って実際に現地を歩き、その結果をもとに地形図を修正していた。しかしこの方法では、多くの時間と労力を要することが課題となっていた。

スマートフォンなどの機器も普及し、GPS精度向上などの環境が整ってきたことにより、「計測の効率化/迅速化」を目的として、ビッグデータ活用による地形図修正に至った。

ビッグデータ活用による地形図修正

国土地理院は、導入にあたり、多くのデータを取得すれば精度のうえでも問題がないことを検証している。

当初は「2万5000分の1地形図」が対象となる。その後、他の縮尺の地形図にも修正が反映されていく見込みとしている。

期待されるメリット

「地形図修正作業の迅速化」の他に、「GPSのない時代に計測された地図精度の向上」や「崩落などで付け替えられている登山道を適切に修正」などの効果が期待されている。

以上、下記URLからの要約
https://trafficnews.jp/post/78846/1


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)

  • AI

「goo AI xDesign」は、NTTレゾナントが提供するチャットボットAIサービスセミオーダーソリューション。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

BIツールの目的は、単なるグラフ描画ではなく、インサイトや”気づき”を得ることではないのか? ~定型レポート業務からの脱却、BIではじめるデータ活用と文化づくり~

外部委託なしでクラウドDWHを構築し、IoTデータ利活用を実現する方法【IT講談】

中小企業でも簡単に、ランサムウェア・BCP対策を行う方法 ~様々な目的のデータ保護を、SaaS型バックアップサービスで簡単に~

  • 書籍

facebook

twitter