CLOSE UP コラム | Hadoopの資格

Hadoopの資格

CLOSE UP 事例

2017年05月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

ビッグデータブームに後押しされ、一気に利用が拡大したオープンソースの分散処理基盤「Apache Hadoop」。2016年、公式に誕生してから10年目を迎えたHadoopは、最先端のIT企業だけではなく、幅広い業界、多様なビジネスからから注目を集めている。海外の基準でみると、世界的に普及しているHadoopが、国内ではやっと実用化が始まった段階に入り、その認定資格にも注目が集まっている。

Hadoopの商用ベンダーとしていち早く設立されたClouderaの日本法人から、Cloudera University Japan トレーニングマネージャー兼シニアインストラクター 川崎達夫氏に、Hadoopの現状や、同社が提供しているHadoopのトレーニング、認定資格について聞いた。

オンラインで取得できるHadoop認定資格

Cloudera 社は、Hadoopプロジェクトのリーディングカンパニーとして、コミュニティーを支え、Hadoopの普及にも貢献してきた。Clouderaの日本法人が設立されたのは2012年4月。そして、Hadoopのみならず、機械学習、Python、Rなど全世界の50以上の都市で累計40,000万人以上のエンジニアにオンラインでトレーニングを提供しているのが、Cloudera University ある。

現在、Cloudera Universityで提供しているトレーニングコースには「Hadoopエッセンシャル ~1日でHadoopやビッグデータを学ぶ~」という初級コースから、開発者向けトレーニングや管理者向けトレーニングまで幅広い。

Cloudera Universityが提供する認定資格は、難易度によって「Cloudera認定アソシエート(CCA)」と「Cloudera認定プロフェッショナル(CCP)」の2レベルに分かれる。CCAがベーシックレベル、CCPがプロフェッショナルレベルであり、認定資格の有効期限は、CCA認定が2年間、CCP認定が3年間となる。

CCAには3種類、CCPには2種類の資格がある。また、これらの資格は対象者・対象スキルにより管理者、データ分析者、開発者という3系統にも分かれていく。

管理者向け資格

CCAの「Cloudera Apache Hadoop 認定管理者(CCAH)」が該当する。Clouderaの認定資格でありながら、試験内容はClouderaディストリビューションに限定せずHadoopの運用管理について幅広く問うもの。なお、この資格は近く新資格「CCA 管理者」へ切り替わる予定。

データ分析者向け資格

「CCA データアナリスト」と「CCP データサイエンティスト」がある。データ分析が業務担当者向けとなり、データ可視化やデータをどう取得するかなどのスキルが問われる。

Hadoop 認定資格のなかでも難易度が高いのが、「CCP データサイエンティスト」である。統計学や機械学習などの知識とともに、資格取得には3種類の試験が用意されている。ほかの資格は全て1試験であるのに対して、試験数も違い、英語による試験となるため語学力も問われる。

開発者向け資格

「CCA Spark & Hadoop 開発者」と「CCP データエンジニア」がある。データをアプリケーションで用いるためにデータの移動や変換などのスキルが問われる。こちらも現在は英語試験のみだが、今後は日本語試験を提供する予定。

なお認定試験は、オンラインで受講できる。

下記サイトからの要約。
http://shikakuzine.jp/article/detail/369
http://www.cloudera.co.jp/university/certification.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

音声認識(Speech Recognition)

  • 用語集

「音声認識(Speech Recognition)」とは、人の音声(会話)をコンピュータに認識させることで、「話し言葉をテキストデータに変換」あるいは「音声の特徴を捉えて声を出している人を識別」などを行う機能を指す。音声認識技術は、生活の一部として一般的に普及してきている。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド007

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter