CLOSE UP コラム | 静岡県藤枝市、IoTとLPWAで「小1児童の登下校を見守る」実証実験を開始---ランドセルの「GPSトラッカー」で登下校を把握

静岡県藤枝市、IoTとLPWAで「小1児童の登下校を見守る」実証実験を開始---ランドセルの「GPSトラッカー」で登下校を把握

CLOSE UP 事例

2017年10月19日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

静岡県藤枝市は、2017年10月16日より、「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」を開始した。技術面でソフトバンクが協力し、IoTと広域通信網「LPWA」を利用して、小学生児童の登下校の見守りに活用する。

小学生児童登下校見守りシステム

保護者が児童たちのランドセルなどに「GPSトラッカー」を取り付ける。児童が自宅から学校に向かうまでの間、GPSトラッカーが約5分間隔で児童の位置を測定し、広域通信網「LPWA」を使用して、クラウドに送信する。

小学校の昇降口付近には、「Bluetooth Low Energy」を使用した通信機(ゲートウェイ)が設置されていて、児童が登校したことが保護者宛にメールで通知される。

保護者はブラウザからクラウドにアクセスし、児童の直近の位置を確認できる。

市立小学校全17校に拡大

藤枝市によると、まず藤枝市立青島小学校の1年生を対象に先行開始し、2018年1月から市立小学校全17校に拡大する予定。

ソフトバンクも、「今後も藤枝市とのIoT分野における連携を強化し、LPWAネットワークを活用したさまざまなサービス開発/実証に取り組んでいく」としている。

以上、下記URLからの要約
https://robotstart.info/2017/10/17/fujieda-iot-lpwa.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

Tableau(タブロー)

  • BI

Tableau(タブロー)とは、使い勝手に優れたセルフBI型ビジュアル分析ツール。

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

  • 書籍

facebook

twitter