CLOSE UP コラム | 静岡県藤枝市、IoTとLPWAで「小1児童の登下校を見守る」実証実験を開始---ランドセルの「GPSトラッカー」で登下校を把握

静岡県藤枝市、IoTとLPWAで「小1児童の登下校を見守る」実証実験を開始---ランドセルの「GPSトラッカー」で登下校を把握

CLOSE UP 事例

2017年10月19日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

静岡県藤枝市は、2017年10月16日より、「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」を開始した。技術面でソフトバンクが協力し、IoTと広域通信網「LPWA」を利用して、小学生児童の登下校の見守りに活用する。

小学生児童登下校見守りシステム

保護者が児童たちのランドセルなどに「GPSトラッカー」を取り付ける。児童が自宅から学校に向かうまでの間、GPSトラッカーが約5分間隔で児童の位置を測定し、広域通信網「LPWA」を使用して、クラウドに送信する。

小学校の昇降口付近には、「Bluetooth Low Energy」を使用した通信機(ゲートウェイ)が設置されていて、児童が登校したことが保護者宛にメールで通知される。

保護者はブラウザからクラウドにアクセスし、児童の直近の位置を確認できる。

市立小学校全17校に拡大

藤枝市によると、まず藤枝市立青島小学校の1年生を対象に先行開始し、2018年1月から市立小学校全17校に拡大する予定。

ソフトバンクも、「今後も藤枝市とのIoT分野における連携を強化し、LPWAネットワークを活用したさまざまなサービス開発/実証に取り組んでいく」としている。

以上、下記URLからの要約
https://robotstart.info/2017/10/17/fujieda-iot-lpwa.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

AWS IoT Core(AWS IoTコア)

  • IoT

AWS IoT Coreは、AWSが提供するマネージド型IoTクラウドサービス。

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter