CLOSE UP コラム | 愛知時計電機とソフトバンク、「NB-IoTを利用した水道メーター無線自動検針実証実験」実施へ---「漏水検知」から「見守りサービス」までを視野に

愛知時計電機とソフトバンク、「NB-IoTを利用した水道メーター無線自動検針実証実験」実施へ---「漏水検知」から「見守りサービス」までを視野に

CLOSE UP 事例

2017年12月21日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

愛知時計電機とソフトバンクは「NB-IoTを利用した水道メーター無線自動検針実証実験」を開始すると発表した。

実証実験① 「NB-IoT」の適用

本実証は、LPWA(Low-Power Wide Area:省電力広域無線通信規格)の1つである「NB-IoT」を利用するもので、2018年1月より開始する。

NB-IoTを利用して地中に設置されている水道メーターの検針値を取得した場合の「受信強度/通信成功率/通信時間」などの確認を行い、水道メーターのスマート化にNB-IoTを適用できるかを検証する。

実証実験② 他のインフラセンサーデータとの総合分析

同じ地域/時刻から取得できる複数の水道利用データについて、ソフトバンクのIoTプラットフォームを通じて可視化し、他のインフラ系データ(電力/ガス/他センサーなど)と連携させながら総合的に分析する。

実証実験③ データ取得のタイミングの短縮化

通常、検針は2カ月に1度の頻度で実施されているが、どの程度までデータ取得タイミングを短縮化できるかについての検証も行う。

活用方法の検討

この分析方法によるさまざまな活用方法も検討されている。

「検針コスト削減」「漏水検知」「災害時対応」「水運用計画効率化」のほか、スマートメーターで取得するデータと日常の活動との関連性を分析し、「見守りサービス」「ヘルスケア」など、新しいサービスの創出に向けて検討を進める、としている。

以上、下記URLからの要約
http://svrinfo.jp/detail?p=199955


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Qlik(クリック)

  • BI

Qlik(クリック)とは、データ分析プラットフォーム。ビジネスユーザーが連想技術によりセルフサービスでデータを探索できる。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

新型コロナウイルス感染症渦の顧客エンゲージメント構築における戦略

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

Webセミナー/企業におけるデータ活用の現状と課題とは何か?

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter