CLOSE UP コラム | IoTで道路建設工事の「全工程見える化」を実現---15%の生産性改善

IoTで道路建設工事の「全工程見える化」を実現---15%の生産性改善

CLOSE UP 事例

2017年09月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

大和ハウスグループのフジタは、IoTを活用して、建設機械/人/測量などのすべての情報を集約し「全工程見える化」を実現したと発表した。15%の生産性改善を図れたという。

対象工事

岐阜県関市広見の東海環状自動車道で実施している約300mの道路建設工事が、この取り組みの対象となった。

「全工程見える化」システム

「全工程見える化」システムとは、各種施工情報をクラウドサービスに集約できる独自のシステムを構築し、すべての現場担当者にリアルタイムで共有できるようにしたものである。

情報共有される主な情報として、以下のようなものがある。
・重機情報(ICT建機、ダンプトラック)
・作業員情報(工事管理者、職長、オペレーター)
・三次元測量データ
・施工進捗情報(ロードライト) など

「全工程見える化」システムの導入効果

システムの導入により多くの改善が図られ、15%の生産性向上効果が出ている。

次のような成果が出ている。

(1)各オペレーターが相互に位置情報を把握することで、連携作業がスムーズに行えるようになった。

(2)建設機械(ダンプトラックなど)の運行状況をマップ上で視覚的に把握できるようになったことで、建設機械の待ち時間が大幅に短縮し、稼働率向上につながっている。また、現場全体の建設機械の計画的かつ効率的な配置が可能になった。

(3)施工の進捗情報が共有化されることによって、作業計画の日々改善と適正化が進むようになっている。特に、オペレーターから作業進捗や天候などの条件に応じた建設機械の配置変更が提案されるようになるなどの効果も出ている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1709/11/news038.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

データ・プレパレーションとは「分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能」を意味する。データ・プレパレーションを直訳すると「データの準備」であり、さまざまなデータソースから大量のデータを取得し、次のデータ分析ステップのための準備を行うことを指す。

機械学習(Machine Learning)

「機械学習(Machine Learning)」とは、人間が学習する基本的な仕組みをコンピュータで再現し実現する技術の総称を指す。機械学習では、学習ベースとなる大量のサンプルデータを入力値として用いて、繰り返し解析を行うことで、データから有用な「規則」「ルール」「知識表現」「判断基準」などを抽出し機械学習モデルを構築していく。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

「サイバーフィジカルシステム」とは、現実世界(フィジカル空間)での膨大な観測データなどの情報をサイバー空間で数値化し定量的に分析することで、より高度な社会を実現するために「社会システム効率化」「新産業創出」「知的生産性向上」などを目指すサービスおよびシステム。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

よくある失敗事例から学ぶ、データ分析の理想と現実 「私の会社でもデータ活用できるの?」という疑問に答える、自社に合ったデータ活用のはじめ方

  • 書籍

facebook

twitter