CLOSE UP コラム | 八千代エンジニヤリング、護岸コンクリート保守にディープラーニングシステムを導入。

八千代エンジニヤリング、護岸コンクリート保守にディープラーニングシステムを導入。

CLOSE UP 事例

2017年07月24日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

データ活用のソリューションを提供する株式会社ブレインパッドは、総合建設コンサルタント企業である八千代エンジニヤリングに、人工知能のビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」を導入した。これにより、河川の護岸コンクリートの劣化検知を効率化を支援する。

ディープラーニングで、護岸コンクリートのメンテナンスを効率化。

河川の周りには、洪水などの災害対策として重要な役割を担う護岸コンクリートが設置されているが、設置された時期や地域などによって整備形式が異なり、点検・改修には熟練された技術が必要となる。

こうした護岸コンクリートの維持管理に係る調査・検討業務を行う八千代エンジニヤリングは、これまで人間による目視主体で劣化状況を把握してきたが、長い河川区間を複数の人間が作業するために手間やコストが膨大となり、劣化状況の判断基準が人によってさまざまであることが問題となっていた。今回のディープラーニング活用サービスの導入によって、画像処理によるコンクリートの劣化検知およびその自動化を目論む。

ブレインパッドは、この護岸コンクリートの劣化検知において、ディープラーニングを活用し、撮影した画像から劣化の有無を自動判断するアルゴリズムを開発。実証実験の結果、現状の人手による検査と遜色ない精度で劣化を検知できることが判明したという。このアルゴリズムは、Google によってオープンソース化された深層学習フレームワーク「TensorFlow」を活用している。今後は、劣化検知の判定プロセスのシステム化や、同社が手がける河川の護岸コンクリート以外の社会インフラ分野への展開も検討していく予定だとしている。

なお、今回導入した「機械学習/ディープラーニング活用サービス」は、「Google Cloud Next in Tokyo 2017」において最新事例として紹介される予定。

以上、下記URLからの要約
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/06/233/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

データ・プレパレーションとは「分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能」を意味する。データ・プレパレーションを直訳すると「データの準備」であり、さまざまなデータソースから大量のデータを取得し、次のデータ分析ステップのための準備を行うことを指す。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

帳票の課題と今 ~BIと帳票/クラウド時代の帳票/帳票ソフトの選択~

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

  • 書籍

facebook

twitter