CLOSE UP コラム | 弘前大学×東北電力、AIによる「津軽弁」のテキスト化に成功---94%の精度に達成、今後は標準語への変換に取り組む

弘前大学×東北電力、AIによる「津軽弁」のテキスト化に成功---94%の精度に達成、今後は標準語への変換に取り組む

CLOSE UP 事例

2018年03月01日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

青森県の弘前大学と東北電力は、研究を進めていた「AI(人工知能)を用いて津軽弁を標準語に変換する技術」についての研究経過を発表した。

「津軽弁」とは

津軽弁は、青森県の津軽地方で使われている東北方言で、独特な言い回しにより、日本語を話せる人が聞いても解読が難解なことがある。

研究経過

今回の研究の経過報告では、AIが津軽弁を文字に起こすところまで成功したというもの。

津軽弁の独特の言い回しなどをAIに覚えさせることで、会話を正確に文字で表示することに成功し、精度は94%まで高まっているとしている。

サンプルデータ

研究では、東北電力のコールセンターで録音された10通りの会話について、津軽弁を話す20代~70代の男女12人に読んでもらい、その内容をAIに学習させた。

医療分野での活用へ

医療現場において、津軽弁を話せない赴任してきた医師が、津軽弁を話す患者が言っていることを誤認するケースが少なくない。

今後は、標準語への変換にも取り組んでいき、津軽弁を標準語に高精度で変換できるようになることで、医療現場での実用化が期待されている。

以上、下記URLからの要約
http://news.livedoor.com/article/detail/14326277/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

facebook

twitter