CLOSE UP コラム | 弘前大学×東北電力、AIによる「津軽弁」のテキスト化に成功---94%の精度に達成、今後は標準語への変換に取り組む

弘前大学×東北電力、AIによる「津軽弁」のテキスト化に成功---94%の精度に達成、今後は標準語への変換に取り組む

CLOSE UP 事例

2018年03月01日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

青森県の弘前大学と東北電力は、研究を進めていた「AI(人工知能)を用いて津軽弁を標準語に変換する技術」についての研究経過を発表した。

「津軽弁」とは

津軽弁は、青森県の津軽地方で使われている東北方言で、独特な言い回しにより、日本語を話せる人が聞いても解読が難解なことがある。

研究経過

今回の研究の経過報告では、AIが津軽弁を文字に起こすところまで成功したというもの。

津軽弁の独特の言い回しなどをAIに覚えさせることで、会話を正確に文字で表示することに成功し、精度は94%まで高まっているとしている。

サンプルデータ

研究では、東北電力のコールセンターで録音された10通りの会話について、津軽弁を話す20代~70代の男女12人に読んでもらい、その内容をAIに学習させた。

医療分野での活用へ

医療現場において、津軽弁を話せない赴任してきた医師が、津軽弁を話す患者が言っていることを誤認するケースが少なくない。

今後は、標準語への変換にも取り組んでいき、津軽弁を標準語に高精度で変換できるようになることで、医療現場での実用化が期待されている。

以上、下記URLからの要約
http://news.livedoor.com/article/detail/14326277/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

Pentaho(ペンタホ)

  • BI

Pentaho(ペンタホ)とは、データ統合分析基盤であり、BI/BAツール群の総称。多種多様なデータを統合し、さまざまな観点での分析を行える。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

  • 書籍

facebook

twitter