CLOSE UP コラム | 「オフィスの使われ方」をIoTで見える化する共同実証---打ち合わせスペースがいつどのように使われているのかグラフィカルに表示

「オフィスの使われ方」をIoTで見える化する共同実証---打ち合わせスペースがいつどのように使われているのかグラフィカルに表示

CLOSE UP 事例

2017年09月07日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

清水建設とNTTテクノクロスは、8月29日、IoT基盤とビッグデータを活用し、「オフィスの使われ方」を見える化する共同実証を実施すると発表した。

実施予定

期間は2017年9月~2018年3月を予定。

実証実験は、NTTテクノクロスの横浜事業所(横浜市西区)において行われる。

実証システム

清水建設が開発した「施設内IoT基盤システム」と、NTTテクノクロスが取り扱うデータ解析・見える化システム「Yellowfin(イエローフィン)」を活用。

「施設内IoT基盤システム」を介してIoT無線センサーが計測した、人やモノの動きに関するデータを集積してビッグデータ解析を実施し、「Yellowfin」により解析結果を見える化する。

データ解析には、オープンソースソフトウエアの検索エンジン「Elasticsearch」を採用している。

「オフィスの使われ方」を見える化

約50台のIoT無線センサーを、「打ち合わせスペースの机」「階段」「通路」「トイレの各ブース」などに設置して、「各執務スペースの利用人数」「利用時間帯」「利用頻度」などの各種データを計測して見える化を行う。

「打ち合わせスペースの使われ方」を例にすると、「よく利用される時間帯や曜日」「1回の打ち合わせにかかる時間」「机やいすの利用頻度」などをグラフィカルに表示する。

結果の活用

NTTテクノクロスでは、この結果を踏まえ、オフィスの使い方やあり方の改善による生産性向上を図るほか、働き方改革につなげていくとしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170904/bsj1709040500004-n1.htm


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Tableau(タブロー)

  • BI

Tableau(タブロー)とは、使い勝手に優れたセルフBI型ビジュアル分析ツール。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

「サイバーフィジカルシステム」とは、現実世界(フィジカル空間)での膨大な観測データなどの情報をサイバー空間で数値化し定量的に分析することで、より高度な社会を実現するために「社会システム効率化」「新産業創出」「知的生産性向上」などを目指すサービスおよびシステム。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

  • 書籍

facebook

twitter