CLOSE UP コラム | 「オフィスの使われ方」をIoTで見える化する共同実証---打ち合わせスペースがいつどのように使われているのかグラフィカルに表示

「オフィスの使われ方」をIoTで見える化する共同実証---打ち合わせスペースがいつどのように使われているのかグラフィカルに表示

CLOSE UP 事例

2017年09月07日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

清水建設とNTTテクノクロスは、8月29日、IoT基盤とビッグデータを活用し、「オフィスの使われ方」を見える化する共同実証を実施すると発表した。

実施予定

期間は2017年9月~2018年3月を予定。

実証実験は、NTTテクノクロスの横浜事業所(横浜市西区)において行われる。

実証システム

清水建設が開発した「施設内IoT基盤システム」と、NTTテクノクロスが取り扱うデータ解析・見える化システム「Yellowfin(イエローフィン)」を活用。

「施設内IoT基盤システム」を介してIoT無線センサーが計測した、人やモノの動きに関するデータを集積してビッグデータ解析を実施し、「Yellowfin」により解析結果を見える化する。

データ解析には、オープンソースソフトウエアの検索エンジン「Elasticsearch」を採用している。

「オフィスの使われ方」を見える化

約50台のIoT無線センサーを、「打ち合わせスペースの机」「階段」「通路」「トイレの各ブース」などに設置して、「各執務スペースの利用人数」「利用時間帯」「利用頻度」などの各種データを計測して見える化を行う。

「打ち合わせスペースの使われ方」を例にすると、「よく利用される時間帯や曜日」「1回の打ち合わせにかかる時間」「机やいすの利用頻度」などをグラフィカルに表示する。

結果の活用

NTTテクノクロスでは、この結果を踏まえ、オフィスの使い方やあり方の改善による生産性向上を図るほか、働き方改革につなげていくとしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170904/bsj1709040500004-n1.htm


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

RapidMiner(ラピッドマイナー)

  • BA

RapidMiner(ラピッドマイナー)とは、「データマイニング」「機械学習」「予測分析」などを行える統合的データ分析プラットフォームであり、使いやすいGUIでデータ分析を行える点を特徴としている。

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)

  • 用語集

「マーケティングオートメーション(Marketing Automation:MA)」とは、デジタルマーケティングのプロセスの一部を自動化するソリューションプラットフォームである。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

リアルタイムデータ処理()

  • 用語集

「リアルタイムデータ処理」とは、すべてのデータをストレージに格納して処理していた従来手法に代わり、ビッグデータをリアルタイムで処理するための手法。「ストリームデータ処理技術」「複合イベント処理技術」「インメモリデータ処理技術」などの技術を利用することで、データをリアルタイム分析できる処理基盤が普及してきている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

契約書、約款、規定等のWord文書の新旧対照表を簡単に作成する~提出、配布用の新旧対照表の作成だけでなく、契約書や社内規定の差分を簡単に抽出~

データサイエンス専門集団が実践する医療ビッグデータ活用支援 〜 医療ビッグデータ、活用できていますか!? 〜

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

  • 書籍

facebook

twitter