CLOSE UP コラム | NTTドコモ、IoT教育教材を開発---小学校でのプログラミング教育必修化、プログラミング的思考の育成

NTTドコモ、IoT教育教材を開発---小学校でのプログラミング教育必修化、プログラミング的思考の育成

CLOSE UP 事例

2018年02月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

株式会社NTTドコモは、センサーデバイス連携プラットフォーム「Linking」と、プログラミング学習ツール「Scratch」を活用したIoT教育教材を開発した。

IoT教育教材の概要

同教材は、「教室内の温度」や「物体の加速度」などのデータをリアルタイムにPCやタブレットで収集/解析できる。

IoT教育教材のメリット

身近にある事柄についてデータ化できるため、理科や総合学習などの科目で活用でき、授業理解度の深化や授業効率化を期待できる。

児童は身の回りの事象に興味を広げることができ、広い視点でプログラミング的思考を育むことができると期待される。

教師にとっては、簡易な操作でセンサーデータを収集できるため、教師のITスキルに依存することなく授業を実施できる。

小学校でのプログラミング教育必修化

2020年に小学校で必修化予定のプログラミング教育の目的である「プログラミング的思考の育成」や「これからの時代に求められるIoT/AI/ビッグデータなどを牽引する人材育成」に貢献することを狙いとしている。

同社は、相模原市内の小学校で同教材を活用した授業を実施する予定。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/85239


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】英国×シンガポール、IoTセキュリティ戦略的パートナーシップ契約を締結---ベストプラクティス実装を促進(2019年10月08日 10:43)

「英国サイバーセキュリティセンター(NCSC)」と「シンガポールサイバーセキュリティ機関(CSA)」は、IoTセキュリティに焦点を当てた戦略的パートナーシップ契約を締結した。 スマート製品のセキュリティレベル向上へ この戦略的パートナーシップ契約は、スマート製品のセキュリティレベルを向上させることを目的としてお...

関連タグ

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

facebook

twitter