CLOSE UP コラム | 日立、IoTで建設現場の生産性/安全性を向上させるシステムを開発---屋内/屋外問わずに位置情報把握が可能

日立、IoTで建設現場の生産性/安全性を向上させるシステムを開発---屋内/屋外問わずに位置情報把握が可能

CLOSE UP 事例

2018年04月05日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日立製作所は、IoT技術を活用した、建設現場の生産性や安全性の向上を実現するシステムを開発した。現場実証を繰り返し、システムの商用化を目指していく。

システム概要

このシステムは、「専用端末」「クリーンビーコン」「GPS」などを用いることで、屋内/屋外問わずシームレスに作業者や建設機材の位置情報をリアルタイムに把握できる。

通信には920MHz帯通信を使用することで、電波障害に強い通信機能を提供する。

導入メリット

「作業員の余剰/不足の検知」や「人員の適正配置」を可能にし、生産性の向上に貢献する。

また、端末に内蔵した3軸加速度センサーや気圧センサーにより、「転倒などの危険動作」「熱中症環境」「立入禁止区域などへの進入」を迅速に察知し、安全性の向上を図れる。

専用端末を用いることで、携帯電話などのスマートデバイスの導入が不要となり、低コストでの導入が可能となる。

位置情報把握

作業員や建設機材の位置情報の把握に、「屋内の建設現場ではビーコン」「屋外の建設現場ではGPS」を活用することで、携帯電話の電波状況に左右されることなく、屋内外を問わないシームレスかつリアルタイムな位置情報の把握を可能にした。

以上、下記URLからの要約
https://bp-affairs.com/news/2018/03/20180329-6942.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

データ・プレパレーションとは「分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能」を意味する。データ・プレパレーションを直訳すると「データの準備」であり、さまざまなデータソースから大量のデータを取得し、次のデータ分析ステップのための準備を行うことを指す。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車は、電子制御と自動運転装置を使用して、人間の手を介さずに出発地から目的地まで走行できる機能を有する。車両に搭載されたレーダー/カメラなどのセンサー類と、GPS(全地球測位システム)などを利用して、周囲の状況を把握して車両の走行制御を行う。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

【webセミナー】データ活用の専門家集団が語る、小売業における業務の高度化とは?

  • 書籍

facebook

twitter