CLOSE UP コラム | 信濃毎日新聞と富士通、AI自動記事要約システムを実現---全体プロセスにおいて5割程度の時間短縮

信濃毎日新聞と富士通、AI自動記事要約システムを実現---全体プロセスにおいて5割程度の時間短縮

CLOSE UP 事例

2018年01月18日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

信濃毎日新聞株式会社と富士通株式会社は、1月15日、多様なメディア配信に活用できる自動記事要約システムを実現したと発表した。

AIを活用した自動記事要約システム実証実験

信濃毎日新聞社と富士通は、CATV向けニュース配信サービスにおける業務効率改善を目指して、AIを活用した自動記事要約システムの実証実験を共同で行った。実証実験の結果、人手で行った場合と同等の高い精度の要約記事を瞬時に作成できることを確認できた。

結果を受けて、信濃毎日新聞社では、同システムを実際の業務に導入することを決定し、2018年4月より本格的な運用を開始する。

AI自動記事要約システム概要

「信濃毎日新聞社の過去記事」と「それらを人手で要約した記事」について、合計約2500セットの記事を自然言語処理および機械学習させることでモデル化し、CATV向けニュース配信サービスに最適化された要約記事を自動作成できるシステムを構築した。

このシステムでは記事先頭以外からも重要文を抽出して要約を行うため、人手と同じように精度の高い要約記事を作成できる。

また、このシステムを利用することで、人手では記事1件当たり最大約5分かかっていた要約を瞬時に行えるようになり、全体プロセスの5割程度の時間短縮を期待できるとしている。

以上、下記URLからの要約
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1101171.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

外部委託なしでクラウドDWHを構築し、IoTデータ利活用を実現する方法【IT講談】

MySQLの性能・可用性の問題を解決する「TiDB」 〜AWS AuroraやNewSQLの課題と解決策〜

BIツールの目的は、単なるグラフ描画ではなく、インサイトや”気づき”を得ることではないのか? ~定型レポート業務からの脱却、BIではじめるデータ活用と文化づくり~

  • 書籍

facebook

twitter