CLOSE UP コラム | 国交省、橋やトンネルなどのインフラ点検にAIを活用へ---自治体の負担減少につなげる

国交省、橋やトンネルなどのインフラ点検にAIを活用へ---自治体の負担減少につなげる

CLOSE UP 事例

2018年01月18日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

国土交通省は、来年度から、道路にかかる橋やトンネルなどのインフラ点検において、土木技術者を支援する人工知能(AI)の開発を始める。

インフラ老朽化と人手不足

高度経済成長期以降に整備されたインフラの多くは老朽化が進んでおり、維持/管理する自治体は人手不足に直面している。道路管理者のうち市町村の土木部門の職員数は約9万1500人となり、ピークの1996年に比べ約3万人減少している。

国交省は作業支援ロボットの開発も目指しており、作業効率化で自治体の負担減を図ろうとしている。

AIによるインフラ点検

国交省の計画によると、インフラ点検作業をするドローンやロボットが異常を自動で見つけて撮影し、AIが写真を基にして修復が必要そうな地点を選別する。その後、技術者が選別されたデータを確認し、最終的に修復すべきか判断する。

来年度予算案に7100万円を計上しており、これまでに撮影された膨大な写真や、技術者による修復判断基準をデータ化し、研究者の協力を得てAIに学習させる。

国交省は「多くの自治体は点検負担を減らし、インフラ補修に費用をかけたいと考えている。AIなどを活用して人材不足に悩む自治体の負担減少につなげたい」と話す。

以上、下記URLからの要約
https://mainichi.jp/articles/20180110/k00/00m/040/076000c


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」などの概念である。

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)

「BI(Business Intelligence)」とは、経営戦略などのビジネス上の意思決定をサポートするために、企業内に分散蓄積されている多様なデータを収集し、統合的に分析し活用するための手法。意思決定支援システム「DSS(Decision Support System)」の1つに該当するものとされている。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

データ活用におけるクレンジングの課題 〜「データ連携ツールを使っても非エンジニアには負担」の解決策〜

データ分析の課題をAWS Analyticsサービスで解決する方法

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter