CLOSE UP コラム | 建設機械メーカー「コマツ」、AIを活用して建設現場を安全にする取り組みを開始---Nvidiaと提携、未来の建設現場へ

建設機械メーカー「コマツ」、AIを活用して建設現場を安全にする取り組みを開始---Nvidiaと提携、未来の建設現場へ

CLOSE UP 事例

2017年12月21日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

建設機械メーカー「コマツ」は、GPU開発メーカー「Nvidia」などと提携し、AIを活用して建設現場を安全にする取り組みを開始する。

提携内容

Nvidia社のGPU(AI処理に使用されるグラフィック処理ユニット)を活用し、安全問題に関連して、「建設現場の視覚化と分析」で協力していく。

取組内容

Nvidiaの技術を活用して、GPUは建設現場にあるドローンやカメラと通信し、分析および可視化のためのAIプラットフォームとしての役割を果たす。建設現場を3Dで可視化し、作業員/機械/物体などのやり取りをリアルタイムで表示する。

SkyCatch社はドローンを提供し、現場の地形を可視化するために3Dイメージを収集しマップ化する。

Optim社は、IoTマネジメントアプリケーションを提供し、監視カメラから集められた個人や機械の情報を特定する。

「未来の現場」に変革

コマツの常務執行役員兼CTOの岩本氏は「Nvidiaの画像処理/仮想化技術、そして、AIにおける豊富な技術やノウハウを活用することで、建設分野を『未来の現場』に変革させることができるでしょう」と述べている。

以上、下記URLからの要約
http://thebridge.jp/2017/12/nvidia-partners-with-japans-komatsu-to-make-construction-safer-with-ai


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Pentaho(ペンタホ)

  • BI

Pentaho(ペンタホ)とは、データ統合分析基盤であり、BI/BAツール群の総称。多種多様なデータを統合し、さまざまな観点での分析を行える。

データ・プレパレーション(Data Preparation)

  • 用語集

データ・プレパレーションとは「分析に必要とされるさまざまな非定型データを収集/整形し、迅速な分析開始のためのサポートを行う機能」を意味する。データ・プレパレーションを直訳すると「データの準備」であり、さまざまなデータソースから大量のデータを取得し、次のデータ分析ステップのための準備を行うことを指す。

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)

  • AI

Cloud AutoML(クラウドオートエムエル)は、機械学習の専門知識がなくても、最小限の労力で、高品質のカスタム機械学習モデルをトレーニングできるサービス。

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)

  • AI

SAS Visual Analytics(エスエーエスビジュアルアナリティクス)は、すべての機能を単一の統合インメモリ環境で活用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。

LoRA(ローラ)

  • 用語集

LPWAの規格の一種。LoRAという規格名は、「長距離」を意味する「Long Range」に由来し、少ない出力で最大8km程度という長い距離での通信を実現する。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

契約書、約款、規定等のWord文書の新旧対照表を簡単に作成する~提出、配布用の新旧対照表の作成だけでなく、契約書や社内規定の差分を簡単に抽出~

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

  • 書籍

facebook

twitter