CLOSE UP コラム | ソフトウエア・ロボットでパソコン業務効率化。RPA導入事例。

ソフトウエア・ロボットでパソコン業務効率化。RPA導入事例。

CLOSE UP 事例

2017年07月24日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

パソコン業務の自動化などホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みとして注目を集めるソフトウエア・ロボット「RPA」(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)の最新事例を紹介する。

オリックス事例では、ソフトウエアロボットを前提に、新たな業務フローを設定。

RPAは、画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるソフトウェアロボットである。徹底した可視化で業務を洗い出し、たとえばExcelから基幹システムへのデータのコピペーストなど単調なパソコンでの事務業務を、正確かつ高速に実行する。

RPAの適用範囲は広い。たとえば、オリックスのグループ企業であり、レンタカーやリースといったグループの事務処理や顧客管理業務を受託しているオリックス・ビジネスセンター沖縄の事例では、レンタカー予約業務の効率化にRPAを導入した。Webのレンタカー予約サービスの基幹システムに入力する業務にRPAを導入したところ、データ入力ミスがゼロになったという。

オリックスは、いち早くRPAを導入した企業であり、同ビジネスセンター沖縄では、導入にあたり、ソフトウェアロボットがいる状態で業務をどのように設計すべきか、RPAを前提に仕事を見直したという。結果、事務作業のうち、「情報の収集」と「情報の転記」の二つをRPAで自動化することを決め、現状の業務フローを基に、両作業をRPAが担う新たな業務フローを設計した。その際、一つの業務を全てRPAが担う形態は取らず、ソフトウエアロボットが誤動作したり場合は人手で対応できるようにして、リスク分散を図ったという。

このほか、住友林業、日本生命によるRPA導入事例も紹介。

以上、下記URLからの要約
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16281640S7A510C1000000/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車は、電子制御と自動運転装置を使用して、人間の手を介さずに出発地から目的地まで走行できる機能を有する。車両に搭載されたレーダー/カメラなどのセンサー類と、GPS(全地球測位システム)などを利用して、周囲の状況を把握して車両の走行制御を行う。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

NLG(自然言語生成)で分析データを自動「言語化」 ~データに触れるすべての人にインサイトを~

Webセミナー/企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

帳票の課題と今 ~BIと帳票/クラウド時代の帳票/帳票ソフトの選択~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter