CLOSE UP コラム | 大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

CLOSE UP 事例

2017年11月30日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

大阪大の研究グループは、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用し精度を高めている。

「歩容鑑定」とは

歩容鑑定は、歩き方の個人差に着目した認証技術。

複数のカメラが人物の歩く姿を捉え、「右手は振るのに左手は振らない」「前かがみになる」「歩幅が大きい」などの無意識のうちに出る個性を捉え、同一人物かの判定を行う技術。

しかし、カメラ撮影角度(角度差)が90度異なると、誤り率が40%近くになるという弱点を抱えていた。

AIでの精度向上

今回のシステムは、大阪大産業科学研究所のグループが、三菱電機共同研究部門の協力を得て開発した。

人工知能(AI)を活用することで、撮影の向きが異なると精度が下がる弱点を克服し、深層学習により、「正面」「真横」「真後ろ」の画像を比較しても、極めて高い精度での鑑定が可能になった。誤り率は、角度差90度でも4.2%にまで低減した。

犯罪捜査への応用

このシステムは、犯罪捜査の効率向上も期待できる。新システムの実験では容疑者の絞り込みで、角度差90度の場合でも81.1%という高い精度で認識が行える。

膨大な人物の中から容疑者を絞り込むこともでき、科学捜査の新たな切り札として注目を集める。

以上、下記URLからの要約
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010767276.shtml


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

Zoomへのネットワーク接続を最適化する方法

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む」とは、具体的にはどういうことなのか?

Webセミナー/企業におけるデータ活用の現状と課題とは何か?

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

  • KSKサイド004

facebook

twitter