CLOSE UP コラム | 大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

CLOSE UP 事例

2017年11月30日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

大阪大の研究グループは、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用し精度を高めている。

「歩容鑑定」とは

歩容鑑定は、歩き方の個人差に着目した認証技術。

複数のカメラが人物の歩く姿を捉え、「右手は振るのに左手は振らない」「前かがみになる」「歩幅が大きい」などの無意識のうちに出る個性を捉え、同一人物かの判定を行う技術。

しかし、カメラ撮影角度(角度差)が90度異なると、誤り率が40%近くになるという弱点を抱えていた。

AIでの精度向上

今回のシステムは、大阪大産業科学研究所のグループが、三菱電機共同研究部門の協力を得て開発した。

人工知能(AI)を活用することで、撮影の向きが異なると精度が下がる弱点を克服し、深層学習により、「正面」「真横」「真後ろ」の画像を比較しても、極めて高い精度での鑑定が可能になった。誤り率は、角度差90度でも4.2%にまで低減した。

犯罪捜査への応用

このシステムは、犯罪捜査の効率向上も期待できる。新システムの実験では容疑者の絞り込みで、角度差90度の場合でも81.1%という高い精度で認識が行える。

膨大な人物の中から容疑者を絞り込むこともでき、科学捜査の新たな切り札として注目を集める。

以上、下記URLからの要約
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010767276.shtml


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)

  • AI

Azure Databricks(アジュールデータブリックス)は、Azureプラットフォームに最適化された「Apache Sparkベース」の分析プラットフォーム。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)

  • AI

「goo AI xDesign」は、NTTレゾナントが提供するチャットボットAIサービスセミオーダーソリューション。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド004

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter