CLOSE UP コラム | 大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

大阪大の研究グループ、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用---劇的に精度が向上、犯罪捜査での活用へ

CLOSE UP 事例

2017年11月30日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

大阪大の研究グループは、歩く姿から人物判定を行う「歩容鑑定」システムにAIを活用し精度を高めている。

「歩容鑑定」とは

歩容鑑定は、歩き方の個人差に着目した認証技術。

複数のカメラが人物の歩く姿を捉え、「右手は振るのに左手は振らない」「前かがみになる」「歩幅が大きい」などの無意識のうちに出る個性を捉え、同一人物かの判定を行う技術。

しかし、カメラ撮影角度(角度差)が90度異なると、誤り率が40%近くになるという弱点を抱えていた。

AIでの精度向上

今回のシステムは、大阪大産業科学研究所のグループが、三菱電機共同研究部門の協力を得て開発した。

人工知能(AI)を活用することで、撮影の向きが異なると精度が下がる弱点を克服し、深層学習により、「正面」「真横」「真後ろ」の画像を比較しても、極めて高い精度での鑑定が可能になった。誤り率は、角度差90度でも4.2%にまで低減した。

犯罪捜査への応用

このシステムは、犯罪捜査の効率向上も期待できる。新システムの実験では容疑者の絞り込みで、角度差90度の場合でも81.1%という高い精度で認識が行える。

膨大な人物の中から容疑者を絞り込むこともでき、科学捜査の新たな切り札として注目を集める。

以上、下記URLからの要約
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010767276.shtml


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車は、電子制御と自動運転装置を使用して、人間の手を介さずに出発地から目的地まで走行できる機能を有する。車両に搭載されたレーダー/カメラなどのセンサー類と、GPS(全地球測位システム)などを利用して、周囲の状況を把握して車両の走行制御を行う。

Cloud TPU(クラウドTPU)

  • AI

Cloud TPUは、TPUアクセラレータハードウェア上でTensorFlowを使用して機械学習ワークロードを実行できるGoogle Cloudのサービス。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

RapidMiner(ラピッドマイナー)

  • BA

RapidMiner(ラピッドマイナー)とは、「データマイニング」「機械学習」「予測分析」などを行える統合的データ分析プラットフォームであり、使いやすいGUIでデータ分析を行える点を特徴としている。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

なぜ製造業DXがうまくいかないのか?いまさら聞けないSCMのデジタル化、データ利活用基盤の考え方

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

利用者が多いと問題に。セルフサービスBIの課題と多店舗・グループ経営企業でのレポート共有事例

  • 書籍

facebook

twitter