CLOSE UP コラム | 【IoT】凸版印刷、「IoT建材」開発を開始---IoTスマートホーム実証実験に参画、効果的な見守りサービスの可能性を検証

【IoT】凸版印刷、「IoT建材」開発を開始---IoTスマートホーム実証実験に参画、効果的な見守りサービスの可能性を検証

CLOSE UP 事例

2018年06月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

凸版印刷株式会社は「建装材に各種センサーなどのIoT機器を組み合わせた新製品」の開発を開始した。

IoTスマートホーム実証実験に参画

第一弾として、NTTドコモ、横浜市、and factoryなどが「I・TOP横浜」内のプロジェクトとして推進する「未来の家プロジェクト」の取り組みの1つとして横浜市内で実施する「IoTスマートホームを用いた生活モニタリング実証実験」に参画している。

センシング床材

同社は、実証実験において、床材と圧力センサーを組み合わせることで位置検出を実現する技術を用いた「センシング床材」を提供している。

居住者が床を踏むことで検出される位置情報や日時データを収集する。それらのデータを活用して「居住者の健康/活動状態について離れて住む家族のモバイル端末などで見守る仕組み」などのサービスの実現可能性について検証する。

今後の展開

同社は、生活の中に建装材を通じてIoT機器がさりげなく溶け込み、居住者の健康管理や見守りなどをサポートする未来の生活空間の実現を目指すとしている。

以上、下記URLからの要約
https://iotnews.jp/archives/98314


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

IoTプラットフォームサービス(アイオーティープラットフォームサービス)

  • IoT

IoTプラットフォームサービスは、楽天コミュニケーションズが提供するIoTビジネス向け通信環境構築サービス。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。次世代の車として人を目的地へ運ぶ以上の価値を提供することが期待されている。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド003

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter