CLOSE UP コラム | 【AI】日立製作所、「自律走行無人搬送車を止めずにピックアップする技術」を発表---複数AI技術を協調、作業時間38%削減

【AI】日立製作所、「自律走行無人搬送車を止めずにピックアップする技術」を発表---複数AI技術を協調、作業時間38%削減

CLOSE UP 事例

2018年05月31日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

日立製作所は、2018年5月28日、複数のAI技術を協調させることで「自律走行無人搬送車(AGV)を止めることなくピックアップする技術」を発表した。

自動ピッキング作業の課題

ピッキング作業は物流/倉庫作業の中でも人手の割合が大きく自動化が望まれている。

現状のロボット技術では、毎回AGVがロボットのピックアップポイントに止まり、それをロボットの画像センサーで撮影し、ロボットがピックアップするという流れであるため作業時間がかかることが課題となっている。

AI協調によるピッキング

新技術は、この課題解決を目指している。

各種AIを活用し、「ピッキング用ロボット」と「自律走行するAGV」を統合制御することで、AGVに積まれた製品群から指定の製品をAGVを止めることなくピックアップできる。

それぞれに組み込まれたAIが自律的に協調し、詳細な指示なしで最適な動作を行える点を特徴としている。

実証実験

「AGVで搬送中の物品の取り出し」「ケース内物品の位置や傾きに応じたAGVの速度変更」「AGVの無停止による作業時間短縮の効果」などを検証した。

結果として、「認識率8割程度」「38%の作業時間削減」を確認したという。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/29/news050.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)

  • IoT

Amazon FreeRTOS(アマゾンフリーアールティーオーエス)は、AWSが提供するマイクロコントローラ向けIoTオペレーティングシステム。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)

  • IoT

スマートIoTサービス(スマートアイオーティーサービス)は、データの「収集」「管理」「見える化」「異常検出時警報自動通知」などの機能を提供するIoTソリューション。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

クラウドDWH(データウェアハウス)、本当に内製化できるのか? クラウドデータウェアハウスで"データの民主化"を実現する方法【IT講談】

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

  • 書籍

facebook

twitter