CLOSE UP コラム | ダイキン、独自AIでエアコン修理の「一発完了率」上昇へ---今夏から本格活用、部品在庫削減も目指す

ダイキン、独自AIでエアコン修理の「一発完了率」上昇へ---今夏から本格活用、部品在庫削減も目指す

CLOSE UP 事例

2018年04月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

空調事業で世界シェア首位のダイキン工業は、1回の訪問で修理が完了するようにAIが部品を選定する試みを始めている。

AI活用で「一発完了率」上昇へ

同社は、エンジニアが1度訪問しただけで修理を完了できた比率を「一発完了率」としている。「必要な部品を適切に選択し現場に持参」が比率を高めるポイントに直結する。

ダイキンは今夏から、この「部品選定プロセス」においてAIの活用を本格化させる。

独自AIによる運用実証

昨夏、ダイキンはAI関連企業と提携して独自AIを開発した。

「エンジニアが携行した部品情報」「完了ステータス」などの情報を含む、過去3年40万件の「一発完了事例」を教師データとしてAIに学習させ実際に運用した。

実証の結果、「人間並みの一発完了率」となるなど、結果は良好だった。

精度向上に向けて

独自AIの精度を向上させるため、今夏に向けて教師データを改良し、優秀エンジニアによる修理事例に限定したうえで、過去10年分のデータをAIに読み込ませる。

加えて、AI選定部品が現場で実際に役立ったかどうかも学習させる。

部品在庫削減へ

同社は、「AI活用により不要部品をあぶり出すことで、長期的には部品在庫削減につなげたい」としている。

以上、下記URLからの要約
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/041900819/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

音声認識(Speech Recognition)

  • 用語集

「音声認識(Speech Recognition)」とは、人の音声(会話)をコンピュータに認識させることで、「話し言葉をテキストデータに変換」あるいは「音声の特徴を捉えて声を出している人を識別」などを行う機能を指す。音声認識技術は、生活の一部として一般的に普及してきている。

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

よくある失敗事例から学ぶ、データ分析の理想と現実 「私の会社でもデータ活用できるの?」という疑問に答える、自社に合ったデータ活用のはじめ方

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

  • 書籍

facebook

twitter