CLOSE UP コラム | ダイキン、独自AIでエアコン修理の「一発完了率」上昇へ---今夏から本格活用、部品在庫削減も目指す

ダイキン、独自AIでエアコン修理の「一発完了率」上昇へ---今夏から本格活用、部品在庫削減も目指す

CLOSE UP 事例

2018年04月26日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

空調事業で世界シェア首位のダイキン工業は、1回の訪問で修理が完了するようにAIが部品を選定する試みを始めている。

AI活用で「一発完了率」上昇へ

同社は、エンジニアが1度訪問しただけで修理を完了できた比率を「一発完了率」としている。「必要な部品を適切に選択し現場に持参」が比率を高めるポイントに直結する。

ダイキンは今夏から、この「部品選定プロセス」においてAIの活用を本格化させる。

独自AIによる運用実証

昨夏、ダイキンはAI関連企業と提携して独自AIを開発した。

「エンジニアが携行した部品情報」「完了ステータス」などの情報を含む、過去3年40万件の「一発完了事例」を教師データとしてAIに学習させ実際に運用した。

実証の結果、「人間並みの一発完了率」となるなど、結果は良好だった。

精度向上に向けて

独自AIの精度を向上させるため、今夏に向けて教師データを改良し、優秀エンジニアによる修理事例に限定したうえで、過去10年分のデータをAIに読み込ませる。

加えて、AI選定部品が現場で実際に役立ったかどうかも学習させる。

部品在庫削減へ

同社は、「AI活用により不要部品をあぶり出すことで、長期的には部品在庫削減につなげたい」としている。

以上、下記URLからの要約
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/041900819/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

スマートファクトリー(Smart Factory)

  • 用語集

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、「工場全体の効率的な稼働を実現することで最大の利益を生み出す環境を整えた工場」を意味する。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

Cloud TPU(クラウドTPU)

  • AI

Cloud TPUは、TPUアクセラレータハードウェア上でTensorFlowを使用して機械学習ワークロードを実行できるGoogle Cloudのサービス。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド006

facebook

twitter