CLOSE UP コラム | 創業63年箱根湯本の老舗ホテルに人工知能を導入---元NECエンジニアが実践するITホテル経営

創業63年箱根湯本の老舗ホテルに人工知能を導入---元NECエンジニアが実践するITホテル経営

CLOSE UP 事例

2017年08月10日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

箱根湯本にある創業63年の老舗ホテル「ホテルおかだ」は、AI導入などの積極的なIT活用を進めている。ホテル全体に良い影響を与える手段として、IT活用の可能性を見いだしている。元NECエンジニアでもあり、IT活用推進の中心となっている営業部長の原氏に話を聞いている。

自作ツールで経営分析

営業部長としては、自作ツールでデータを可視化して、売上/収益の分析を行っている。

原氏の分析により、最も収益に影響を及ぼす要素は「客単価」であることを導き出した。

個人客重視戦略により、わずか1年で利益は大きく改善された。

「キャンセル問題」対策として「Salesforce」を活用

増え続けるキャンセル問題については、「Salesforce」を活用している。

仮押さえ期限をコントロールすることにより、機会損失の最小化を目指している。

「顧客満足度」向上のために「Pardot」を活用

顧客満足度向上のために、マーケティング支援ツール「Pardot」を利用して、さまざまな角度からデータを検証している。

人工知能を搭載した「FAQシステム」の導入

公式Webサイトの各ページに合わせたFAQが表示されるシステムを導入した。アクセスされる頻度が高い情報を学習し、より目立つ場所に表示される。

サイトからの予約は増加し、サイトへの訪問者も10%以上増えている。

さらに発展させたコンシェルジュシステムの開発を進めている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1708/07/news014.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】DefendryのAI防犯ソリューション「ART」---非顔認識での犯罪可能性検出(2019年04月04日 14:17)

Deep Science AIは、Disrupt NY 2017のステージ上でデビューし、同社のコンピュータビジョンシステムがCCTV(防犯カメラモニタ)映像で銃やマスクを発見し、店やセキュリティプロバイダに差し迫った犯罪を警告する可能性があることをライブデモで示した。

非顔認識での検出

Deep Scienc...

関連タグ

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド003

facebook

twitter