CLOSE UP コラム | AIを活用した「配車支援システム」の試験導入を開始---平均売上が20%増加

AIを活用した「配車支援システム」の試験導入を開始---平均売上が20%増加

CLOSE UP 事例

2018年03月15日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

トヨタ自動車、JapanTaxi、KDDI、アクセンチュアの4社は、2018年3月9日、AIを活用した「配車支援システム」を開発し、同年2月から東京都内で試験導入を開始したと発表した。

「配車支援システム」概要

「配車支援システム」に利用されるタクシー需要予測技術は、AI(人工知能)を活用して、東京都内の500メートルメッシュごとのタクシー乗車数を30分単位で予測し、タクシー需要をドライバーへ配信するシステム。

営業成績の良いドライバーの知見に基づいた「お客様を見つけやすい走行ルート」のデータも配信する。

利用データ

各種データをAIに取り込んで分析し、需要の大小に応じた複数の学習モデルを適用する。
・タクシー運行実績(JapanTaxiが提供)
・人口動態予測(KDDIが保有するスマートフォンの位置情報ビッグデータから生成)
・気象情報
・公共交通機関運行状況
・周辺のイベント開催情報 など

試験導入結果

2018年2月からの試験導入では、同システムを利用したドライバーの2月の売り上げは、1日当たり前月より平均20.4%増え、ドライバー全体の増加率9.4%を上回っている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1803/12/news043.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連タグ

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

Amazon SageMaker(アマゾンセージメイカー)

  • AI

Amazon SageMakerは、さまざまな規模の機械学習モデルを迅速かつ簡単に構築+トレーニング+デプロイできるフルマネージド型機械学習プラットフォーム。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter