「不正目的ボット」として、「ウイルスボット」「オンラインネットゲーム用ボット」「スパムボット」について紹介。

「不正目的ボット」とは

「不正目的ボット」として、「ウイルスボット」「オンラインネットゲーム用ボット」「スパムボット」について紹介。

ユーザーの利便性向上に貢献するボットに対して、不正な目的で使用されているボットも存在している。

ウイルスボット

■概要

「ウイルスボット」とは、コンピュータを外部から遠隔操作するためのバックドア型不正プログラムの一種である。

■「ボットネットワーク」に加担

ウイルスボットに感染したコンピュータは、高度/大規模な破壊行為を行うために複数のコンピュータを連携させる「ボットネットワーク」の一部として動作するようになり、迷惑行為や犯罪行為に悪用されてしまう。

・迷惑メール配信
・インターネット上のサーバへのDDoS攻撃
・感染したコンピュータに含まれる情報の盗み取り(スパイ活動) など

■適切な情報セキュリティ対策が必要

ウイルスボットに感染されたコンピュータの所有者は「被害者」兼「加害者」になってしまうため、ウイルスボットへの対策として、日常的に適切な情報セキュリティ対策を心がける必要がある。

・OS/ソフトウェアを常に最新の状態にする
・総合的なセキュリティソフト導入(常に最新状態に更新)
・外部不正サイトへのアクセスをブロック(Web経由でのボット感染を防ぐ)
・スパム対策機能(電子メール経由でのボットの侵入を防ぐ)

オンラインネットゲーム用ボット

オンラインゲームで利用されるボットは、本来プレーヤーが操作するキャラクターをプレーヤーに代わって「自動操縦」するプログラムを意味する。

自動的にゲーム内通貨や価値のあるアイテム獲得を続けるため、ゲームバランスを崩壊させるものとして、多くの場合ネットゲーム上でのボットの使用は規約によって禁止されている。

スパムボット

「スパムボット」は、サイトを巡回して電子メールアドレスを収集してスパムメールを大量に送信したり、掲示板やブログなどにスパム広告を大量に書き込むことを行う。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

ボット最新TOPICS

【Botnet】セキュリティ企業「Avast」×フランス国防総省---マルウェア「Retadup」デバイスボットネット壊滅作戦を実行(2019年09月03日 13:47)

セキュリティ企業「Avast」はフランス国防総省と協力して、100万台近くのデバイスボットネットを自己破壊させた。 Avastが追跡していたマルウェア「Retadup」 Avastは以前から「Retadup」と呼ばれるマルウェアを追跡していた。 このマルウェアはWindowsマシンに影響を及ぼし...

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【Microsoft365ユーザー向け】クラウドメールサービスの保護に向いていない、ゲートウェイ方式メールセキュリティの課題 ~API連携・AI技術により、セキュリティ強化と運用効率化を実現~

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter