【BigData】「ビッグデータ分析」と「普通の分析」の違い---ビッグデータ分析への投資を正当化するユースケース解説

Analytics News(アナリティクスニュース)

【BigData】「ビッグデータ分析」と「普通の分析」の違い---ビッグデータ分析への投資を正当化するユースケース解説

TOPICS 2018年3月7日 10:03

【BigData】「ビッグデータ分析」と「普通の分析」の違い---ビッグデータ分析への投資を正当化するユースケース解説

ユーザー企業がビッグデータ分析ソフトウェアのリスクやメリットを見極めるために、基本的なユースケースから「ビッグデータ分析ソフトウェアを使用して重要な価値を生み出す方法」について解説。

【解説テーマ】
■分析の対象になるビッグデータの種類
・トランザクションデータ
・エンドユーザーが生成するデータ
・モバイルデータ
・マシンデータとセンサーデータ
■ビッグデータ分析への投資を正当化するユースケース
・顧客分析
・販売分析とマーケティング分析
・ソーシャルメディア分析
・サイバーセキュリティ
・工場と設備の管理
・パイプライン管理
・サプライチェーンとチャネルの分析
・価格の最適化
・詐欺の検出
■下がっている導入のハードル
・コスト
・シンプルさ
・パフォーマンス
■ビッグデータ分析ソフトウェアの企業の導入

最新TOPICS

【AI】アメリカ・サンノゼ国際空港での顔認識システム導入事例---国際線旅客処理時間を約16%削減(2018年08月10日 10:03)

アメリカのサンノゼ国際空港では、顔認識システムを導入し旅行者の処理時間を削減したと発表した。

顔認識システムの導入経緯

サンノゼ空港を利用する国際線乗客数は、「2015年では199,900人」であったものの「2017年では438,800人」と急増しており、旅行者の処理時間削減が大きな課題となっていた。

...

関連用語・タグ

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter