【AI】いまこそAIをオールジャパンで考えるべき---「第2回情報法制シンポジウム」レポート、AIビジネス敗戦国にならないために

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】いまこそAIをオールジャパンで考えるべき---「第2回情報法制シンポジウム」レポート、AIビジネス敗戦国にならないために

TOPICS 2018年6月12日 10:03

【AI】いまこそAIをオールジャパンで考えるべき---「第2回情報法制シンポジウム」レポート、AIビジネス敗戦国にならないために

一般財団法人情報法制研究所が主催した「第2回情報法制シンポジウム」のテーマとして掲げられた「人工知能と法」に関する議論について解説。
シンポジウムでは「日本におけるAI議論を加速すべき」という専門家の声が相次いだ。

【解説テーマ】
・近年、中国やインドの動きが目立つ
・日本はもはや世界の最先端にはいない
・標準化で「重要な役割を果たしたい」と韓国

最新TOPICS

【AI】機械学習の偏りを避ける3つの方法(2018年11月08日 11:31)

ビルダーやビジネスリーダーにとって、AIシステムの倫理的行動について監視するプロセスを確立することは重要とされる。

AIを構築する際のバイアスを管理する3つの鍵について解説。

①問題に対する正しい学習モデルを選択

「教師付き学習モデル」と「教師なし学習モデル」には、それぞれ長所と短所がある。

関連用語・タグ

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter