「iPaaS」の導入メリットとして、「クラウドコンピューティング急増による管理の困難さを解決」「マルチテナントプラットフォーム」「企業戦略実施の迅速化」について紹介。

「iPaaS」の導入メリット

「iPaaS」の導入メリットとして、「クラウドコンピューティング急増による管理の困難さを解決」「マルチテナントプラットフォーム」「企業戦略実施の迅速化」について紹介。

クラウドコンピューティング急増による管理の困難さを解決

■効率的統合管理

iPaaSが最近目覚ましく進化および躍進している大きなの1つの理由として、「IT部門が最も頭を抱えている問題となっている、クラウドコンピューティング急増により極めて複雑になっている管理の困難さを統合により軽減できる」という点がある。

iPaaSを導入すると、数え切れないほどのサービスについて、クラウドだけでなくオンプレミスを含め、すべてを効率的に組み合わせて拡張できる。

■一貫したリアルタイム統合

iPaaSは利用者のニーズに合わせて拡張や縮小が可能であり、リアルタイムの統合がサポートされる。

特に、一貫した統合が可能であり、すべてのプラットフォーム管理を一元的に実施できるため、新しいサービスを導入するたびに統合に頭を悩ます必要がない。

■統合コストメリット

IT部門だけで多くのサービスを統合して管理することも可能だが、そのために必要になる人件費は高額になり多くの時間もかかるため、サードパーティーのiPaaSプロバイダを利用する方が遥かに効率的なケースが多い。

マルチテナントプラットフォーム

■クラウド基本機能+統合管理機能

iPaaSの主な機能として、「マルチテナンシー」「スケーラビリティ」「セルフプロビジョニング」などのクラウド基本機能の他に、「統合フロー実行」「統合の開発とライフサイクル管理」「アプリケーションフローの管理と監視」が含まれる。

■クラウドサービス「SaaS」「PaaS」「IaaS」×オンプレミス統合

iPaaSの中核的な価値として、さまざまな「SaaS」「PaaS」「IaaS」などのクラウドサービスを統合し、必要に応じて新しいサービスを迅速に追加できる点がある。

クラウド関連だけではなく、従来のオンプレミスシステムをクラウドおよびハイブリッドアーキテクチャに接続することも可能となる。

■マルチテナントプラットフォーム構築

iPaaS導入により、「クラウドtoクラウド」「クラウドtoオンプレミス」「オンプレミスtoオンプレミス」「B2B」統合をサポートするマルチテナントプラットフォームを構築できる。

■IT部門による全システム統合管理

このマルチテナント機能を利用することで、IT部門が技術的な統合要件を管理するだけではなく、ビジネスロジックや運用要件も考慮できるようになる。

企業戦略実施の迅速化

組織がクラウドの「速度」「俊敏性」「経済性」を活用しようとするにつれて、新しい方法で統合を検討することがますます重要になってきている。

iPaaSは、企業が今日のビジネス環境の統合要件を処理し、統合ソリューションを将来にわたって保証し、IT投資の価値を高めることを支援することを目的としている。

■ビジネスタスク処理の効率化

iPaaSテクノロジーを活用することで、成長企業は手動プロセスを排除し、スプレッドシートや電子メールへの依存を減らしながら、組織全体の「可視性」「速度」「精度」を向上させることができる。

■アプリケーションプロセスの標準化

iPaaSにより構築された統合プラットフォームを活用することにより、毎日追加および変更されるアプリケーション全体のプロセスについて「監視」「保守」「更新」する方法を標準化できるメリットがある。

■ビジネスプロセスとの迅速な統合

標準化された統合プラットフォームにより、企業はアプリケーションをビジネスプロセスにすばやく統合できるため、業績向上機会を逃さない迅速な事業展開が可能となる。

■非技術系ビジネスユーザーによるビジネスツール構築

iPaaSのシンプルな統合管理機能により、非技術系ビジネスユーザーでも、さまざまなサービスを統合して、利益創出をサポートする使いやすいビジネスツールを構築できる。

■アプリケーションのプロジェクト間移動容易性

現場部門の誰でも統合を管理できるため、ITシステム整備に関するコストをほぼ必要とせずに、他の部門やプロジェクトへ容易に引き渡しできる。

iPaaS最新TOPICS

最新情報はありません。

iPaaS最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【Microsoft365ユーザー向け】クラウドメールサービスの保護に向いていない、ゲートウェイ方式メールセキュリティの課題 ~API連携・AI技術により、セキュリティ強化と運用効率化を実現~

世界最高峰のリアルハッカー集団を活用した脆弱性対策 ~米国政府も採用、脆弱性診断・ペネトレーションテストを大胆に変革する方法~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter