「iPaaS」の主な機能として、「クラウドサポート機能」「データ処理機能」「保証されたデータ配信機能」「エラー処理機能」「エンドポイントコネクタ機能」「データガバナンス機能」「ライフサイクル管理機能」「開発用ツール」について紹介。

「iPaaS」の主な機能

「iPaaS」の主な機能として、「クラウドサポート機能」「データ処理機能」「保証されたデータ配信機能」「エラー処理機能」「エンドポイントコネクタ機能」「データガバナンス機能」「ライフサイクル管理機能」「開発用ツール」について紹介。

iPaaSにおいては、以下のような機能が提供される。

クラウドサポート機能

iPaaSには、クラウド機能をサポートするツールやテクノロジーが含まれる。

・統合フロー実行
・統合の開発とライフサイクル管理
・アプリケーションフローの管理と監視
・ガバナンス管理
・マルチテナンシー
・弾力性
・セルフプロビジョニング機能 など

データ処理機能

大量のデータ需要に対応できる機能を提供する。

・リアルタイム統合機能
・スケール機能
・ETL機能---抽出、変換、ロード
・EDI(電子データ交換)機能 など

保証されたデータ配信機能

データが宛先に安全に到達するまでデータを保持する。

エラー処理機能

データ転送途中でエラーが発生した場合に対応できる。

エンドポイントコネクタ機能

iPaaSソリューションは、通常、APIを介して直接コーディングする必要なく、特定のアプリケーションとの接続を容易にする。

これには「特定アプリケーション用コネクタ」と「FTP/SFTPなどのユニバーサル通信プロトコル用コネクタ」などが含まれる。

・HTTP / S
・OFTP
・OFTP2
・XML標準
・EDI
・EDIFACT
・SWIFT など

データガバナンス機能

特定の権限が付与されているユーザーのみデータにアクセスできる。

ライフサイクル管理機能

・統合の作成および管理
・中央コンソール機能
・異種アプリケーションサポート
・サイロ化データソース
・統合フロー開発---取引パートナー間のデータ交換自動化 など

開発用ツール

統合フローを構築する際に柔軟にカスタマイズできる開発用ツールが提供される。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

iPaaS最新TOPICS

最新情報はありません。

iPaaS最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

マルチクラウドでデータを管理・分析する時の課題 ~DWHはどう選べばよいのか?使い勝手、インターフェース、運用コストを比較~

クラウドDAMは便利で主流だが、それでもオンプレミスDAMが有用な理由 ~実装の選択のポイント~

情報漏えいを防げ!リモートワークセキュリティ対策のお話 ~インシデント発生前に情シスが押さえておくべきポイントは?〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter