TensorFlowを学べるオンラインコース | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

TensorFlowを学べるオンラインコース

オープンソースのディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「TensorFlow」の技術特集です。TensorFlowを使ってみたいデータ分析者、エンジニアの方におススメ!

[2016年08月04日 ]
株式会社KSKアナリティクス

 人工知能を実現する技術、従来の機械学習を超えた新たな技術としてディープラーニング(深層学習)に注目が集まっています。ディープラーニングは自動運転カーや囲碁ソフト、医療診断、音声検索アプリなど、身の回りの様々な仕組みへ実装され活用されています。

 Google Trendによると、「ディープラーニング」と「人工知能」は一緒に検索される頻度の高いキーワードであり、非常に難しく・複雑、高価なイメージがあるためおいそれと実装できない技術だと考える方も少なくないでしょう。
※人工知能、ディープラーニングなどの概念や活用メリットなどは別の記事で紹介します。

 ディープラーニングが実務で使えるものかを試したいけれど、何か良いソフトは無いものかとお悩みの皆さまに朗報です!ディープラーニングを実装できるオープンソースのソフトウェアが公開されています。例えば、Google社の「TensorFlow」、Microsoft社の「CNTK」、Preferred Networks及びPreferred Infrastructure社の「Chainer」、アカデミック発の「Theano」「Caffe」などが挙げられます。

 ここでは、Google社の「TensorFlow」にスポットをあて、ディープラーニングを実装する方法をご紹介します。

 TensorFlowはPythonまたはC++言語で実装(コーディング)します。GPUを使って高速に処理させることができ、処理プロセスを「TensorBoard」機能を使って確認することもできます。また、GmailなどのGoogle社の各種アプリケーションに組み込まれています。

 それではいよいよ、TensorFlowを使ってディープラーニングを試すことにしましょう!

次のページへ続く

【次ページ】オンラインの学習コース

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス

 KSKアナリティクスのビジョンは、優れたアナリティクスの「オープンソース・ソフトウェア」と現場と協働する「アナリティクス・サービス」で、誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会を作ることです。

最新TOPICS

【AI/IoT】深刻化するAI/IoT技術者不足問題、経産省と厚労省が技術者育成補助金制度を開始へ---最大で講座受講費用の7割(年間上限56万円)を補助(2017年09月26日 10:03)

深刻化するAI/IoT技術者不足問題に対して、経済産業省と厚生労働省が連携し、AI/IoT技術習得を国が後押しする制度が始動する。 【ポイント】 ・両省が認定する講座の受講者に対して最大で受講費用の7割(年間上限56万円)を補助する予定 ・2017年12月〜2018年2月上旬ごろに対象講座を発表予定 ・実際に講座が開講するのは2018年4月以降 【解説テーマ】 ・主に30~40...

関連タグ

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

教育()

  • タグ

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)

  • 用語集

デジタルマーケティングのプロセスの一部を自動化するソリューションプラットフォームである。

関連記事

  • KSKサイド002

Analytics News ACESS RANKING

facebook

twitter