「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

IoTとは

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

機械同士がネットワークでつながるM2M(Machin to Machine)の考え方から派生した技術であり、日本語では「モノのインターネット」と言われることもある。

インターネットに接続されるモノは、次の3種類に分類できる。

―パソコン類(スマートフォン、タブレットを含む)
―機械類
―その他のモノ

様々なモノ、機械、人間の行動、自然現象などが生成する膨大なデータ(計測データ、センサーデータ、制御データ)をインターネットを介して収集し、情報として可視化することによって、生活そのものがイノベーションされることが期待されている。

現在、スマートフォンなどのモバイル端末やウェアラブル端末は、IoTとして大衆化し、テレビやデジタルカメラ、HDDプレーヤー、DVDプレーヤーなどもインターネットに接続できるデジタル情報家電として認知されている。

そのほかにも、位置情報をリアルタイムに把握して渋滞情報を配信するシステムや、電力メーターが電力会社と通信して電力使用量を申告するスマートメーター、あるいは大型機械に内蔵されたセンサーデータをもとに稼働状況や故障予測を把握するシステムなどが広く活用されている。

IoT最新TOPICS

【IoT】Cloudera、エンドツーエンドのオープンソースIoTアーキテクチャを発表---Red Hat+Eurotechと提携(2018年09月13日 14:04)

クラウドおよび機械学習プラットフォームプロバイダ「Cloudera」は、Red HatとEurotechと共に、新しいエンドツーエンドのオープンソースIoTアーキテクチャを発表した。

ベンダーロックインを回避できるオープン性

独自IoTソリューションを導入している組織は、限定された機能のサークル内にあり、特定ベ...

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド002
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter