「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

IoTとは

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

機械同士がネットワークでつながるM2M(Machin to Machine)の考え方から派生した技術であり、日本語では「モノのインターネット」と言われることもある。

インターネットに接続されるモノは、次の3種類に分類できる。

―パソコン類(スマートフォン、タブレットを含む)
―機械類
―その他のモノ

様々なモノ、機械、人間の行動、自然現象などが生成する膨大なデータ(計測データ、センサーデータ、制御データ)をインターネットを介して収集し、情報として可視化することによって、生活そのものがイノベーションされることが期待されている。

現在、スマートフォンなどのモバイル端末やウェアラブル端末は、IoTとして大衆化し、テレビやデジタルカメラ、HDDプレーヤー、DVDプレーヤーなどもインターネットに接続できるデジタル情報家電として認知されている。

そのほかにも、位置情報をリアルタイムに把握して渋滞情報を配信するシステムや、電力メーターが電力会社と通信して電力使用量を申告するスマートメーター、あるいは大型機械に内蔵されたセンサーデータをもとに稼働状況や故障予測を把握するシステムなどが広く活用されている。

IoT最新TOPICS

【AI/IoT】深刻化するAI/IoT技術者不足問題、経産省と厚労省が技術者育成補助金制度を開始へ---最大で講座受講費用の7割(年間上限56万円)を補助(2017年09月26日 10:03)

深刻化するAI/IoT技術者不足問題に対して、経済産業省と厚生労働省が連携し、AI/IoT技術習得を国が後押しする制度が始動する。 【ポイント】 ・両省が認定する講座の受講者に対して最大で受講費用の7割(年間上限56万円)を補助する予定 ・2017年12月〜2018年2月上旬ごろに対象講座を発表予定 ・実際に講座が開講するのは2018年4月以降 【解説テーマ】 ・主に30~40...

イベント情報

  • KSKサイド001

Analytics News ACESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter