CLOSE UP コラム | 【IoT】Microsoft、「Azure IoT Edge」サービスの一般提供を開始---エッジにおけるデータ処理、大量のデバイスをまたがった大規模配備が可能に

【IoT】Microsoft、「Azure IoT Edge」サービスの一般提供を開始---エッジにおけるデータ処理、大量のデバイスをまたがった大規模配備が可能に

CLOSE UP ニュース

2018年06月28日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

Microsoftは、6月27日(米国時間)、「Azure IoT Edge」サービスの一般提供を世界規模で開始したと発表した。

「Azure IoT Edge」とは

Azure IoT Edgeは、IoTデバイス上で「Microsoft Azureサービス」「人工知能(AI)」「カスタムロジック」などを配備して実行できるサービス。

ユーザーはこのサービスを利用することで、「Azure Cognitive Services」「Azure Machine Learning」「Azure Stream Analytics」「Azure Functions」などをコンテナ化し、さまざまなIoTデバイス(Raspberry Pi/産業機器など)で稼働させる「エッジにおけるデータ処理」が可能となる。

また、「Automatic Device Management」サービスを利用して、大量のデバイスをまたがった大規模配備が可能になる。

サポート開発ツール類

開発においては、「C」「C#」「Node.js」「Python」「Java」などに対応したソフトウェア開発キットが利用できる。

また、「Visual Studio Team Services」に対するサポートも組み込まれており、軽量エディタ「Visual Studio Code」のサービス向けツールも利用可能となっている。

以上、下記URLからの要約
https://japan.zdnet.com/article/35121583/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

最新情報はありません。

関連タグ

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

データインテグレーション(Data Integration)

  • 用語集

「データインテグレーション」とは「データ統合」を意味し、「さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせ」を意味する。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

AIアナリスト(エーアイアナリスト)

  • AI

AIアナリスト(エーアイアナリスト)は、Google Analyticsを利用して、サイト自動アクセス解析により改善提案を行うサービス。

バックナンバー

関連記事

セミナー講演資料公開中

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

全社プラットフォームとしてのAI自動翻訳「T-4OO」導入で、社内の翻訳業務をまとめて効率化する (技術文書、特許文書の和訳、契約書の英訳などを自動化し、年間1.3億円のコストを削減する方法)

企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む」とは、具体的にはどういうことなのか?

  • 勉強会

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter