CLOSE UP コラム | Google、IoT機器向け組み込みプラットフォーム「Android Things 1.0」を正式リリース---アップデート保証、高い注目度

Google、IoT機器向け組み込みプラットフォーム「Android Things 1.0」を正式リリース---アップデート保証、高い注目度

CLOSE UP ニュース

2018年05月13日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

Googleは、IoT機器向け組み込みプラットフォーム「Android Things 1.0」を正式リリースした。2016年12月に発表されていたが、開発者プレビューの状態が続いていた。

「Android Things」とは

Android Thingsとは、IoT機器向けに特化したAndroidのサブセット。

Androidと共通の開発環境(Android SDKやAPIなど)を利用できるため、Androidアプリ開発者はAndroid Things向けアプリも比較的楽に構築できる特徴がある。

プラットフォーム自体のメンテナンスはGoogleが担当するため、開発者は自身の製品に注力できる。

アップデート保証

Android Thingsは、最低3年間、バグフィクスやセキュリティパッチなどのアップデートが保証されている。また、3年経過後もサポートの延長契約が可能。

「Android Things Console」から自身のソフトアップデートも提供できる。

高い注目度

Android Thingsは、プレビュー期間中で、10万件以上ダウンロードされ、1万人以上の開発者からフィードバックがあるなど、大きな注目を集めている。

以上、下記URLからの要約
https://japanese.engadget.com/2018/05/08/google-iot-android-things-1-0/


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【IoT】Berg Insightレポート、IoT市場での5G技術の本格的デビューは「2020年後半」と予測(2019年05月21日 10:36)

Berg Insightのレポートによると、IoT市場に5G技術が本格的にデビューする時期は「2020年後半」と予想している。

2019年に最初の5GセルラーIoTモジュールが開発者向けに提供

IoTアナリスト企業によると、2019年に最初の5GセルラーIoTモジュールが開発者向けに提供され、5G規格を中心とす...

関連タグ

Azure IoT Edge(アジュールアイオーティーエッジ)

  • IoT

Azure IoT Edgeは、Azure IoT Hub上に構築されるIoTエッジコンピューティングサービス。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサーデバイス、デジタルデバイス、工業機械、駆動装置、建物、車など)が、ネットワークを通じてサーバやクラウドサービスに接続されることで、相互情報交換や遠隔制御できる仕組みを指す。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)

  • IoT

HPE Universal IoT Platform(HPEユニバーサルIoTプラットフォーム)は、Hewlett Packard Enterpriseが提供するIoTプラットフォーム。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

facebook

twitter